こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

サービス業の決算、期末の処理について

先日、サービス業の棚卸しについて質問しまして、その後自分なりに勉強してみたものの
理解不足でどうしても判らない事がでてきました。ぜひともアドバイスをお願いいたします。

当社ではデータ入力作業を受注して仕事の一部分または全部を外部発注しています。
月末締切で、外部発注して当社に納品されたものは「仕入高/買掛金」とし、これをさらに社内で加工して完成品として得意先に納品した分を「売上高/売掛金」としていました。

ここで、期末時点の受注分で外部発注して当社に納品されたものの(仕入高/買掛金を計上しました)、完成品に至らず得意先に納品していない分は棚卸して資産に計上すべきだろうかと思いまして自分なりに調べたのですが未だ理解できておりません。得意先には翌期に納品となります。
どのように処理したらよいかアドバイスを頂けた幸いです。
説明が下手で申し訳ありません、よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2006-04-29 15:20:15

QNo.2121070

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

棚卸資産には、仕掛品という物があります。
期末に未完成の物のことです。
この仕訳は、
     (仕掛品)/(期末仕掛品棚卸高)
とします。
この仕訳で売上原価の計算をすると、次のようになります。仮の数字

    仕  入  高      10,000 
    期末仕掛品棚卸高   △ 900
    当 期 売上原価      9,100

この期末仕掛品棚卸高は、翌期の原価になり
ご質問の翌期の売上に対応することとなります。  

投稿日時 - 2006-04-29 17:41:27

補足

ご回答ありがとうございます。
期末仕掛品棚卸高というは製造原価科目というのになるのでしょうか。

実は今回3月初決算で社長ひとりの小さい会社で日々の取引内容は単純で数も少なく、いわゆる建設業や製造業ではないとの認識で製造原価科目は使っておりませんでした。(かといって小売り卸売り業ではないと思います)

このため、外部発注したものも製造原価の外注加工費ではなく、かといって販売管理費の外注費でもなく商品の仕入高として処理しており、仕事(データ入力と加工)に関わる消耗品費やアルバイト雑給、水道光熱費や地代家賃、役員報酬、機材等の減価償却費も販売管理費に入っておりました。
工場や制作室が別にある訳はなく自宅の一室ですべての業務をこなす極小規模の会社です。

このたび、原価計算するにあたり期首の科目設定が誤っていたという事になり、遡って製造原価科目と販売管理科目とに修正するほかないのでしょうか。

すべて間違っていたとしたら自分に呆れるばかりですが、期中の処理はこのままで、何らかの決算仕訳で問題ない処理の方法はありませんでしょうか。

頭の中がかなり混乱してきました……

投稿日時 - 2006-04-30 01:50:33

お礼

結果的に決算申告を税理士に依頼することになりました。
本業に専念し、税務会計のほうは専門家のサポートを受けながら
徐々に勉強したいと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-05-28 10:56:15

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-