こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ディープインパクトが負けたレース

こんばんわ、競馬未経験者です。
次のG1で最初で最後の競馬にチャレンジしたいと思っているのですが、気になることがあるので質問させてもらおうと思います。
競馬に全く興味がない私でもディープインパクトが強いことはよく知っていますが、唯一負けたレースって何が原因なんでしょう?あとどんな負け方だったんですか?抜かれて負けた、逃げられて負けた、抜ききれなくて負けた、などなど。
実際にレースを見てなかったのでよろしくお願いします。

投稿日時 - 2006-04-24 00:10:17

QNo.2110464

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

騎手ですね。ルメール騎手が勝因です。
ハーツクライは本来追い込み馬です。
前走で、負けたので、ルメール騎手は
調教師の指示を無視して、一か八かの大胆な
騎乗に賭けたのです。

ハーツクライは予想に反して、先行馬の後ろ
あたりを楽にすすみ、直線で先頭に立って
一気に加速しました。もともと瞬発力のある
うまですし、直線の短い中山ですので、
最後尾にいたディープインパクトが外を
回って追い込んでも、届かなかったのです。

接戦ではありません。ハーツクライの完璧な
横綱相撲でした。それでも、猛迫した
ディープインパクトは強い馬です。

今度の天皇賞は、京都ですので、直線は
ながく、ディープインパクトは余裕をもって
追い込んでくるでしょう。

ディープインパクトを負かすのは容易では
ありませんが、土砂降りの雨とかで馬場が
極端に悪いときは、届かず2着ということも
あるでしょう。

でも、問題は、ディープを負かす馬がいるか?
と言うと、なかなか答えがでてきません。

調子から言うと、ヨコテンのリンカーンでしょうか?
大統領になれるのか、またまた、副大統領どまりか、
興味があります。

投稿日時 - 2006-04-24 20:04:08

お礼

映像を見た限り接戦に見えたんですが、ナルホド完全にハーツクライの作戦勝ちだったってことですか。
だからといって他の馬が同じ事をやってもディープインパクトに勝てるって訳でもないんですよね、きっと。
天皇賞にハーツクライがいなくてよかったってことですか。

投稿日時 - 2006-04-24 23:44:27

このQ&Aは役に立ちましたか?

7人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

・唯一負けたレースって何が原因なんでしょう?
単純に勝った馬ハーツクライの方が強かったから
ディープインパクトが負けたとレースを見て感じました。
ジョッキーが戦法を変えたことが素質開花に繋がった
んでしょうね。
その後ハーツはドバイに遠征に行き圧勝しましたが
この時はスタートから先頭になって最後まで押し切ってしまいましたし・・・


>あとどんな負け方だったんですか?
「抜ききれなくて負けた」ですね

ちなみに今週の天皇賞はハーツクライが居ませんので
たぶん勝てると思いますけどねぇ・・・

投稿日時 - 2006-04-24 22:45:08

お礼

やっぱりハーツクライの作戦勝ちなんですね。
そうするとこれからはハーツクライは逃げ切りの馬になるんですかね。
今回はほんとハーツクライがいなくてよかった。

投稿日時 - 2006-04-24 23:49:55

ANo.7

JRAnのホームページに動画あります。


ディープは同世代では強いけど、他の世代との比較がまだ不十分なのかな・・・

投稿日時 - 2006-04-24 20:55:19

お礼

ありがとうございます。動画見ました。
馬の世代なんて意識したこともありません。
分かってはいましたが競馬って奥が深いですね。

投稿日時 - 2006-04-24 23:46:34

ANo.5

ありゃJRAの八百長レースですよ。
ディープそんなに直線で追ってないし。
勝ったら引退する可能性もあったらしいですし。
って言ってもすべて噂なんですけどね。

投稿日時 - 2006-04-24 15:11:38

お礼

そんな噂もあるんですか!
いやはや、びっくりしました。
八百長なんて噂であって欲しいものです。

投稿日時 - 2006-04-24 23:39:48

ANo.4

レース内容は他の回答者が書いてあるとおりです。
原因ははっきりしていませんが、私の考えでは体調が悪かったと思います。
競走馬に関わらず、いろんな動物は冬に食料を蓄えます。しかし、ディープは体重が減っていました。このことより、体調が悪かったといえます。現に上がり(ラスト600m)が、今までより1秒以上かかっています。
2つ目は、中山コースは得意でないかも知れないことです。 負けたのも中山で唯一苦戦(弥生賞)したのも中山なので。
3つ目はピークを過ぎた。(可能性は低い)
菊花賞後、有馬・阪神大賞典で今までのような走り出なかったようなきがします。(上がりが遅いので)
4つ目はハーツクライが強かった。
5つ目はディープは新馬から体重が減り続けているので、成長が見られない。(減るほど上がりは遅くなっている)
6つ目は脚質が合わない。有馬で前に行き過ぎた。
と、このくらい考えられます。

投稿日時 - 2006-04-24 02:33:10

お礼

レースって色んな要因が重要なんですね。
コースの相性なんて考えたこともありませんでした。
次のレースでは力を出し切って欲しいですね。

投稿日時 - 2006-04-24 23:37:50

ANo.3

レースだけで言うと
ディープインパクトはスタートから道中(レース中盤を意味しますが)
最後方に位置取りして
前を見るような形で競馬をしていました。
対してこのレースの勝者であるハーツクライは
予想ではディープと同じような位置取りをすると思われていましたが
予想に反して前から3、4番手に行きました。
最後の直線ではディープインパクトが溜めていた力を
一気に出しましたが
ハーツクライも元々瞬発力のある馬ですから
直線のスピードはほぼ同じで
ディープインパクトも追い込みましたが届きませんでした。

投稿日時 - 2006-04-24 01:11:41

お礼

ありがとうございます。
ハーツクライという馬もすごいんですね。
ディープインパクト対策だったんでしょうね。

投稿日時 - 2006-04-24 23:35:19

JRAのホームページ(下記サイト)を見てください。その中にビデオギャラリーというコーナーがあります。そこでG1競争バックナンバーをクリックしてください。2005年有馬記念の映像がダイジェスト版で見られます。

参考URL:www.jra.go.jp/

投稿日時 - 2006-04-24 00:38:08

お礼

ありがとうございます。
早速観てみました。追い込みも届かず、って感じでしたね。
あと少し長いコースなら分からなかったんですかね。

投稿日時 - 2006-04-24 23:32:07

ANo.1

ネット競馬ドットコムというサイトを見てみてください。
出走馬とか馬のデータも分かりますよ。

投稿日時 - 2006-04-24 00:15:48

お礼

回答ありがとうございます。
参考にしようとおもいます。

投稿日時 - 2006-04-24 23:30:14

あなたにオススメの質問