こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

血液型占いを否定する気持ち。

血液型と性格については、生物学的には関係ないとされています。
それは、私も分かっています。
心理学的には、関係がある気がするのですが。

それに、血液型と性格に関しては、毎度回答がたくさん集まるし、飽きない話題ですよね。
なぜなんでしょうか?
しかも割と強い口調で全面否定される事も多いし。
 (心理学的には?と思ってしまうのですが。^^;)
私は夢占いの方が信憑性も低く、否定的な意見があってもいいのですが、そういう意見はごくまれで、書き方も穏やかな気がします。
特にフロイト関係の夢占いは、仮にあっていたとしても日本人にあうかどうかまでは、果てしなく疑問です。
私の身びいきな印象だけでしょうか?

注意!!
血液型と性格については、賛否はいりません。

投稿日時 - 2006-04-03 03:54:10

QNo.2068331

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

10人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(16)

ANo.16

・何故、血液型占いについては強硬に否定する人が多く、夢占いについてはそれほどでもないのか。

ということでよろしいですね。

理由は単純に

・血液型占いは信じている人が多く、夢占いはそうでもないから。

だと思います。
血液型占いは信じている人が多いので、信じていないことを主張するには、より大きな声をあげなくてはなりません。また、信じている派から、様々な「根拠」を提示されるので、信じていない派はその「根拠」を否定する根拠を述べようとし、理屈っぽくなります。

で、夢占いですが…。権威をもっていない(少なくとも現代の日本では)ものに対しては人は優しくなれます。「うちの母ちゃんのカレーライス占いは絶対当たる!」と主張する人がいても、ムキになって反論する人は少ないでしょう。

ちなみに夢占いも信じていないので(というか「占い」一般信じていない)夢占いが血液型占いと同じぐらい信用されるようになったら、やっぱりムキになって反論すると思います(^^)

投稿日時 - 2006-04-05 17:34:12

ANo.15

おはようございます。

血液型による性格占いは
「差別」を生んでいるからだと思います。

私も「占い」と思って楽しんでいたけれど、
ここまで来ると楽しむどころではありません。

日本中どこへ行っても「血液型は?」と聞かれ、
いまや「血液型占い」じゃなくて、
どうみたって「血液型差別」ですよ・・・。

大人が血液型で人を差別すると、
子供もまねをします。
「血液型で差別をしてもいい」と子供に教えていることになります。
良識ある大人の皆さん!!
血液型による差別を、やめる勇気を出しましょう。

投稿日時 - 2006-04-05 07:13:38

ANo.14

#13です。上から3行目 一部修正

× 訂正前
あるいは、水の電気分解を行うと-極で発生では水素が発生し、+極では酸素が発生し、この体積比が2:1となるという化学者の意見を否定するでしょうか?

〇 訂正
あるいは、水の電気分解を行うと-極では水素が発生し、+極では酸素が発生し、この体積比が2:1となるという化学者の意見を否定するでしょうか?

投稿日時 - 2006-04-05 01:26:32

ANo.13

 miyukさんのご質問は、心理学という学問の性質にも関係します。例えば、miyukさんは、地球上で我々人間が生活する空間において、物は地面に向かって落下するという、物理学者の意見を否定するでしょうか? あるいは、水の電気分解を行うと-極で発生では水素が発生し、+極では酸素が発生し、この体積比が2:1となるという化学者の意見を否定するでしょうか?おそらく、miyukさんは否定しないでしょう。理由は、これらが目に見える現象だからです。

 一方、心理学研究者の立場では、血液型によって性格が決まるといった、いわゆる血液型性格診断は否定されています。しかしmiyukさんは、血液型と性格に関して心理学的には関係がある気がする・・と書かれています。つまり、miyukさんは物理学者や化学者の意見は信じるが、心理学者の意見はどうも信じられない、ということになります。
 なぜ、miyukさんはそう思ってしまうのでしょうか?それは「心」は誰もが持っており、いわば誰もが「ミニ心理学者」であると言えます。しかも、心は物理現象とは異なり目には見えません。そこで、心理学者が血液型性格診断を否定したとしても、ミニ心理学者であるmiyukさんは「いや、それでも心理学的には、関係がある気がするのですが」と思ってしまう。
 また、心理学者の血液型性格診断に関する否定論文を理解するためには、心理学の専門的な知識のみならず、統計学の知識が必要です。きちんと心理学を学んだものでないと理解することは困難です。従って心理学者が書いた論文は、一般の人は読みません。そこで心理学者の意見は理解されぬまま、いわゆる「擬似科学」「素人理論」が世にはびこってしまうという現象が続いています。過去において、確かに心理学者も血液型性格診断に関する研究(否定論文)はしていたものの、占いなどでは遊び程度に楽しくやっていればいいんじゃないと、ある意味見過ごしてきた問題もあります。しかし、近年では「血液型」番組における差別、血液型による就職差別、イジメ等の問題が表面化してきました(岡山大学の長谷川先生のHPを参照)。そこで、このようなサイトでも「割と強い口調で全面否定」する傾向にあるのではないでしょうか?
(なお、この教えてgoo等では、別の要因もあります。過去に同じような質問があるにも関わらず、過去の質問に対する回答を確認せず、頻繁に同じ質問が繰り返されるため、回答者がまたかよ!と辟易しているということもあります)
 なお、今後、心理学の本を読む際には、ぜひ著者の経歴等も確認して見てください。一般書に分類されている心理学の本は、意外と心理学者ではない人が書いていることが多々あります。なお、余談ですが、血液型性格診断を広めた能見正比古氏は、放送作家でした。


長谷川芳典先生HP
「血液型」番組における差別と偏見について情報を求む
http://www.geocities.jp/hasep_diary/bloodtype/prejudice/
長谷川先生の意見
http://www.geocities.jp/hasep2004/bloodtype/

投稿日時 - 2006-04-05 01:19:58

ANo.12

 本人の努力とはまったく無関係なところで評価されてしまうところが強く否定的に取られる理由ではないでしょうか?
 心理学的には「予言の自己成就」の一つの表れと考えられているようです。単純に言えば「思い込み」ということですが。
 夢占いは答えを決め付けるようなところが無いため、否定に関しても穏やかになるのだと思います。

投稿日時 - 2006-04-04 19:55:11

ANo.11

血液型占いは性格判断だから、人は強く反発するのです。性格の話はとかく角が立ちやすいんです。

また、血液型占いは少しは当たってる部分があるので、図星を突かれた人が感情的になるんでしょうね。

ここで血液型否定論のおかしさを具体的に挙げて置きます。
・血液型は4つしかないけど、性格は4つしかないのか?
これは類型というのを全く理解してない論理です。類型というのはある観点からの分類です。だから、単純化されまとめられてます。心理学の有名な性格類型でも性格は3つとか4つに分類されてます。
・兄弟すべて同じ血液型だけど性格が違う。
もともと、人間の全てが厳密には性格は違うんです。そして、血液型性格判断では、同じ血液型でも基本の気質は同じで様々なタイプが居るという主張です。

私は血液型にはニュートラルな立場ですが、私から言わせると血液型肯定論者と血液型否定論者はどちらも同じ穴のつむじのように見えますね。たぶん、同じようなタイプの人間が、血液型について、向きになって論争してるんでしょう。

投稿日時 - 2006-04-04 11:31:06

ANo.10

こんにちは。直接の回答ではないですが、姫野カオルコという作家の
「A.B.O.AB」という血液型恋愛シミュレーション小説が面白いです。
あとがきに作者がご質問者様と同じ様な疑問を持った事や、ご質問の
ご回答に繋がる描写があり「何故、血液型を気にする事に反発を?」
「反発などしていない」と堂々巡りな様が、本編より興味深いです。
血液型占いの賛否に関わらず血液型に何故、拘りを持つ人が多いのか
について。そしてそれを抜きに単純に血液型にまつわる物語としても
一読の価値ありだと思います。

参考URL:http://item.rakuten.co.jp/book/951018/

投稿日時 - 2006-04-04 09:51:20

ANo.9

他の占いに対して血液型占いは”科学的根拠がある”というイメージがあり信じる度合いが強いのではないでしょうか。
星占いなどはみんな遊び半分で占いを読むのに血液型の場合若干まじめに読むと言う感じ・・。

ニセ科学の度合いが高い上に信じられている度合いも高いため強く否定しなければいけないのだと思います。
(つまり他の占い程度に科学的根拠がないと認識してもらうため)
しかも差別や偏見で困っている人がでているならなおさらです。

投稿日時 - 2006-04-04 05:39:51

ANo.8

 結局これも伝聞ですが、「血液型性格判断を信じる人は、同時に差別意識を持つという統計的結果がある」ということです。性格を獲得形質で分類しようというのが問題なんでしょう。

投稿日時 - 2006-04-04 00:30:56

お礼

差別意識、、、はどうなのかと思いますが、
「血液型性格判断を信じる人は、同時に差別意識を持つという統計的結果がある」この資料があれば、ぜひ見たかったです。
情報ありがとうございますねー。

投稿日時 - 2006-04-18 20:03:30

ANo.7

信憑性というよりは、血液型性格判断による弊害の方が問題なのです。
血液型性格判断でいじめや差別になったり、そこまで行かなくても性格を決め付けられて嫌な思いをした人はいると思います。
なので強く反対する人がでてくるのも仕方ないのではないでしょうか?
夢占いでそんな経験はしませんので強く否定されないのではと思います。

いじめ、不登校
http://chiebukuro.yahoo.co.jp/service/question_detail.php?queId=5633312
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/baby/1117067140/
http://rakkili.blog52.fc2.com/blog-entry-3.html

血液型で就職が決まる?
http://rakkili.blog52.fc2.com/blog-entry-3.html

投稿日時 - 2006-04-04 00:28:21

お礼

こういう事例もあるんですねー。
それは納得かも。
お気楽なおねーさん方を想像していたため、失念していました。
なるほど、その当事者になれば、カチンとくるのはとうぜんですねー。
ありがとうございますねー。

投稿日時 - 2006-04-18 00:58:52

大半の占いは統計的手法で綿密に研究されていて信じる信じないは別としてそれなりに根拠のあるものです。

投稿日時 - 2006-04-04 00:07:26

お礼

所が、占い信者さんと数学者は、えらく仲が悪くまた、曲解するのはメディアや新聞、テレビ等もあげられますし、。
私は、統計結果がどれだけ信憑性があるものか?
また、性格の場合は、分類が非常に曖昧なのも問題の一つなのですよ。
’おおらか’ってだけでも、人によって印象も言葉のニュアンスも違ってきますし。

まぁ、難しい問題ですわなー。
ありがとうござい

投稿日時 - 2006-04-18 00:51:58

ANo.5


詳しくは知りませんが、血液型というのは4つ(A/B/AB/O)ぐらい?しかないように認識しています。
「>生物学的には関係ない」とされているとのことですが、私は多少なりとも関係はあるのではないかと想像していました。

その正否は別にして、この考えが否定されがちなのは、何10億人という人間をこの少ない区分に収めることは不可能という実際上の問題が、まずあると思われます。
もうひとつは、性格は遺伝子情報のみによって決定付けられるものではない、という事実があると思います。
仮に血液型と性格に何らかの因果関係があったとしても、性格には血液型という遺伝子情報による差異よりも、生を受けて以来の環境(人間を含む)による刺激の方が遥かに大きく影響するということでしょう。
つまり、仮にあったとしても殆んど無いに等しい程度の因果関係である、ということではないかと思います。
その些細な要素を元にして人を判断しようとするのは、比喩的に言ってみれば、象の鼻だけを見て「象とは長くて柔らかいもの」というような誤った結論に至る危険性があるからということではないでしょうか。


「>フロイト関係の夢占い」とおっしゃっていますが、フロイトは夢占いを提唱していたわけではなく、あくまで「夢分析」であろうと思います。
夢というのは個人の脳の中で起こる現象ですから、本人に全く関係の無いことが夢として現われるはずが無いわけです。
確かに分析や判断は難しいのでしょうが、その点を「占い」的に借用されているというだけの話であって、フロイトと占いには何のそれこそ因果関係もありません。
ただ、占って楽しむことを否定する必要はありませんから、目くじらを立てる人が少ないだけだと思います。
また、「夢分析」というのは民族的な要素も考慮されるはずですから、外国人に合っていて日本人に合わないのではないかという懸念は全く不要なわけです。
たとえば「牛」の夢を見た場合、日本人か印度人かによってその意味するところは違ってくるだろうといったようなことです。
そのような情報も含めて全てを網羅した質問をこのカテですることは不可能に近いと思います。
回答者が述べることも推測の域を出ませんし、質問者はそれを了解した上で参考程度に受け止めるのが正しい利用法であろうと思います。
ただ、これはこのカテだけに限らず、このようなネット上の質疑応答に関しては根本的な了解事項であることも事実でしょう。

血液型と性格については、占いの領域かどうかはご希望により私見を申し述べることは控えますが、占いであるにも拘わらず科学的根拠があるかのように言っていると判断された場合、全面否定されるということだろうと思います。

投稿日時 - 2006-04-03 11:30:32

お礼

>4つ(A/B/AB/O)ぐらい?しかないように認識しています。
実は、これは血液型の一面でしかなく、理論的には4000兆通あるようですよ。
4000兆通は大げさでも、他の分類では、また別のグループに分けられるのですよ。
私も心情的には多少は、なきにしもあらずとは思ってはいるのですが、今の所生物学的には否定的です。

>科学的根拠があるかのように言っていると判断された場合、全面否定されるということだろうと思います。

実をいうと、私はひねくれモノでして、判官贔屓といいますが、少数派を擁護しようとしてしまうのと、「血液型占いは間違っている。」と言う定型文に非常に憤りを感じてしまいます。
心理学も科学的の中に入れて欲しいし。
宗教に例えた人もいましたが、「あなたの神は間違っている。」と言われて気持ちがいい信者さんがいる訳もなく。

いろんな見解があるもんですなー。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2006-04-18 00:43:56

ANo.4

がると申します。プロの占い師です。否定派ですので、そんな感じで読んでいただけると。
まず
・生物学的には関係ないとされています
については「今の時点では」という注釈が付くのと、遺伝的に「何かあるかも?」っていうことで、確かいま研究されている方もいらっしゃったかと思います。
で、まず一般的に誤解されている
・統計学的に
っていうのは、これは明示的に否定されます。現時点までで「学術的に信憑性があるだけの調査方法&データが存在しない」のが理由です。
また、個人的にはアレを占いと呼ぶのも非常に抵抗があります。
これは、占いはすべからく「何らかの神秘学的背景」をもつものなのですが、それが血液型占い(大本は血液型性格診断)にはないからです。
同様、もし「心理学的に」ということであれば、それは「心理学に立脚した立証」が必要になります(これについての研究事例は私は記憶にないのですが…)。

とかいう堅い話もあるのですが。
非常に気になるのが「血液型性格診断(占い)による弊害」が、ほかの占いと比較してちょっと目立つ部分にあります。
具体的には、B型、ついでAB型に顕著だと思うのですが。概ね「人格否定に等しいような暴言」を、血液型性格診断(占い)にかこつけて吐かれているシーンを、Web、現実問わず、拝見します。
具体的には、B型の「大雑把であったり他人に対して無神経であったりする」というお話とAB型の「変わり者/変人である」という類のお話でしょうか。これが「他人への否定」に使われることもあれば「自己の問題点への肯定」に使われることもあります。
具体的には「あたしはAB型の人とは合わない」と初手で全否定したり「あたしはB型だから仕方が無い」と自分の問題点を庇護したり、といった事例が散見されます。

通例、占いというものは「自分を知る&自分をよりよく磨く」ためのものなのですが。血液型性格診断(占い)に関しては、単純に当てものに始終一環していることも多く、私が見る限りでは非常に多くの弊害があるように見受けられます。
そういった状況で「被害にあっている」人、及びそれを見ている人達が、強い口調で全面否定をされているのではないでしょうか?

お酒の席などに「ちょっとした話題として」取り上げることについて否定するつもりは毛頭ないのですが。
実際問題として「それではすまない」状態になっているだけに、非常に気になる、というのが現状だと思われます。

投稿日時 - 2006-04-03 11:00:34

お礼

>・生物学的には関係ないと”されています”
>については「今の時点では」という注釈が付く
はい、私も血液型と生物学的には、希望的観測かもしれませんが、完全否定ではありません。
でも、それが性格を決める項目の何%になるのか?と考えると、四捨五入で切り捨てられるような気もします。

>具体的には、B型、ついでAB型に顕著だと思うのですが。
AB型は二重人格、B型は他の血液型のあまり、と聞きました。
O型はスケベとも言われますねー。

>具体的には「あたしはAB型の人とは合わない」と初手で全否定したり
確かに、それはありますねー。
でも、「最初は◆型と凹型で相性悪いと思ったけど、意外と相性がいい。」なんて事も見聞きしますし。
結局は、相手の性格だと思うのですが。
少なくとも、O型と言って、「イヤらしい事を考えないで!!」と言うような盲信しているガチガチの血液型占い信者さんにあった事はないですし。

あー、血液型占いには改善点がないか。
占いは、良い方向に向かわせるためのモノですもんねー。
本職らしい考え方です。
それは目から鱗かも。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2006-04-18 00:10:52

ANo.3

>私の身びいきな印象だけでしょうか?

 そうだと思います。日本人の精神性に合うか合わないかはわかりませんが、少なくともフロイト心理学が学校や職場でのいわれ無き差別を助長することはありません。なぜ「割と強い口調で全面否定される」のか?「優生学 血液型」で検索してみて下さい。血液型と性格が生物学上無関係だとわかっているなら、それが「心理学」などではなく「優生学」の亡霊であることもわかると思います。

投稿日時 - 2006-04-03 09:53:19

お礼

幸い、私は血液型では、いわれがない差別は経験がないからなー。
「三白眼が怖い!」とかは、
優生学を持ち出されると、過去にそういう事があったかもしれませんが、今はそういう考えを持っている人は、それはそれで盲信者でしょ?
それに、現在の血液型占いと、優生学では違っていると思うし。
血液型占いで「〒型は死すべし!」とか、「●型と◇型との子供は、ダメ人間とか書かれてないし。」
相性が悪い事が、悪性の遺伝的素質を淘汰と、拡大解釈されるのなら、グーのねも出ませんが。

でも、種族で差別があるのは知っていましたが、優生学という言葉は知りませんでした。
ありがとうございますねー。

優生学:人類の遺伝的素質を向上または減退させる社会的要因を研究して、悪性の遺伝的素質を淘汰し改善をはかることを目的とした応用遺伝学の一分野。goo辞書抜粋

投稿日時 - 2006-04-17 23:56:17

ANo.2

血液型占いの場合は、それによって他人を類型化して断言する信奉者(というより狂信者)が多いので、勝手に類型化された人間としては怒りを抑えきれないので、どうしても強硬になるのだと思う。

no1さんもお書きになっているけど、日本の場合、今でも「ああ、あの人は○型だから、ああゆう性格なんだよ。全く困るよね。」などと、一種の血液型差別的な社会行動が正当化されるまでに至ったという、国家的な恥部がある。
罪の無い「占い」程度で済んでいれば「お遊び」で済んでいたものを、社会的に容認してしまった(布教した団体があったようだが)ことで、「お遊び」として「越えてはならない一線」を踏み越えてしまったため、その分、反発が強いと考えるべきだろう。

また、心理学的には関係するとのお考えは、わたしの知っている範囲では、「人間はA型と非A型に分類される」という見解があるだけで、ここでいうA型というのは血液型のA型ではないと存ずる。
それがごっちゃになっているので、知っている人間からすると、(悪意は無いので失礼!)「何をまた世迷言を!」と、やはりげんなりして強硬意見を言いたくなる気持ちはよくわかる。

フロイト的夢分析の場合は、これは「占い」じゃなくて、心理学的な解釈論に類することなので、批判も柔らかである。
なにしろ、賛否両論はあれ、また、「ほんまにそうなんかいな?」という疑問こそあれ、フロイトが築いた学説の体系は、「占い」ではなく「学問」だからね。

ゆえに、結論。
身びいきな印象だけだと思う。
仮に、血液型性格占いを信奉なさっているなら。

ここが、「占い」のカテゴリであれば、わたしもこんな野暮なことは言わないんだけど(言ったって意味無いから)、「心理学」のカテゴリなので、正直なところを書くわ。

わたし自身も、血液型性格診断が「ギャグ」の一種として敷衍されていたころは、面白がって使っていた覚えがある。
だけど、そこまでが、許容限界だったということじゃないかな?

投稿日時 - 2006-04-03 06:27:15

お礼

>勝手に類型化された人間としては
って、怒る事ですか?
私がO型だからかな?もしかして、神経質なA型ですか?
っていうのは冗談ですが、見た目や出会ったイメージでも、好き勝手に言われますからねー。
その中で、血液型が増えたくらいでは、へでもないって感じなんですが。
血液型は親しくなってからだし、見た目からの方が残酷だし。

>血液型差別的な社会行動が正当化されるまでに至ったという、
面接とかで、「君は、我が社は◆型は採用はしないよ。」とか。
社会的に認めているとはしても、お遊びなレベルな気がするのですが。
まぁ、「私の彼氏は絶対、★型じゃなきゃダメ!!」ってのも差別かな?
アホなだけな気がするけど。
やっぱり差別的な行為があったんですかねー?自信がなくなってきた。^^

>仮に、血液型性格占いを信奉なさっているなら。
いや、俺は血液型と性格は信じてない。
でも、メルトモ募集なんかでは、意外と便利なので利用はしてるけど。

ありがとうございますねー。

投稿日時 - 2006-04-17 23:46:30

ANo.1

フロイトもそうですが、みんな昔の考えで、夢だけで本当に分析できると追っている専門家はいないと思います。いろいろな質問をして分析する手法が科学的だったので評価されて、心理分析の1つの歴史として重要視されているだけです。

>心理学的には、関係がある気がするのですが。

知り合いに内科のお医者さんがいて、聞いたことがあるんですが、日本の血液型正確判断みたいのは「宗教心」に当たるそうです。専門的な事が分からなくても、血液型が同じでも性格の違う人なんて身の回りにいくらでもいるじゃないですか。兄弟で血液がが同じという人も沢山いますが、だいたいお兄さんがしっかりしてて、弟がやんちゃでしょ。そういった反例があっても、いや血液型と性格は関係あると思いこむのは、もやは一身に信じる宗教心でしかないそうです。

>しかも割と強い口調で全面否定される事も多いし。

その知り合いのお医者さんから聞いて私も初めて知ったのですが、血液型のみならず、いろいろな遺伝情報で、実際人間を差別していたという事実が日本にはあるんです。A型の人は自分勝手ねって言ってるだけならまだいいのですが、だからそうゆう勝手なやつはこうゆう仕事にはつかせないとかいう判断材料になったらタマリマセンよね。
でもそんなような事を実際やっていたんです。

諸外国にあまりないような、ほぼ全国民が自分の血液型を知っているという状況にあるのは、そういた過去の名残なんです。

ネット検索しても分かる思いますが、夢占いなんかと違って、血液型はどこかのちゃんとした機関が統計分析していますよね。

強く否定される事があるのは、本当に差別に使われていた事があるからです。

投稿日時 - 2006-04-03 04:52:03

お礼

血液型占い=宗教、は言い得てますねー。
私もそう感じます。

>>しかも割と強い口調で全面否定される事も多いし。
>実際人間を差別していたという事実が日本にはあるんです。

いくつかの回答で、同じ差別問題をあげているのですが、正直ピンと来てません。
血液型占いが軍事利用されていた頃は、「△型の子供しか産まない、国賊。お前は離縁だ!」ってな話しもありそうですが、今の世の中では、他の差別問題から比べれば、あまり規模も小さいし、話しを聞きません。

>血液型はどこかのちゃんとした機関が統計分析していますよね。
これは、心理学的・統計学的には微妙なんです。
血液型の分類が、非常に曖昧なので、統計的に信憑性があまりないのですよ。
□型は角が生えている、とか、×型は肥満体型とかなら、分かりやすいのですが、”おおらか”、”神経質”なんてのは誰もが持っている性質ですし。

ともあれ、ありがとうございますねー。

投稿日時 - 2006-04-17 23:36:03

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-