こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

彼氏の借金

アドバイスを宜しくお願いします。
今、同棲中の彼には120万円の借金があります。
3社とも大手のサラ金業者です。
彼はまだ大学生で私と出会う前に作った借金を今尚毎月5万円返済しているのですが今は彼のアルバイトの給料を私が管理をし借金の返済を怠らないように毎月家計をしている中、借金をした事のない私は元金の返済額にびっくりしてしまいました。15000円の内元金に当てられるのは772円...いったいいつ返済が終わるのだろう途方に暮れていた矢先色々インターネットで調べたところとあるNPO団体と言うサイトに行き着きそこで無料の相談電話をしてみたところ任意整理と言う言葉を知り、私は返済の為バイトを3つ掛け持ちしていた彼が4回に上がれないので4月からは必ず行って欲しい事を願いたいので任意整理について勉強をしました。
借金の返済が少しでも楽になる事を願っているのでそのNPO団体と言う相談員さんが紹介してる司法書士さんを信じていいものなのか…(まだ会ったことのない司法書士さんで来週会う予定です)
またNPO団体と言ってるものの本当なのか
…不安で怖いものの彼を少しでも借金を軽減してあげたいのです。色んな変な宣伝の掲示板にサイトのURLを載せているNPO団体なのですが…
大丈夫でしょうか?何かアドバイスを頂けたら幸いです。

投稿日時 - 2006-03-17 03:45:57

QNo.2034119

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

16人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(8)

ANo.8

こんにちは、
大変ですね。
私も過去に多重債務者だったので、経験者として色々お答えできます。
今では、本業以外で多重債務脱出相談なんかしています。

まず、今回の件ですが、ANo.7さんの言われているように
自分のことは自分で決着を付けないといけません。
人にやってもらっても、何も意味がありません。
また、同じ事を繰り返します。
もちろん任意整理するのですからサラ金さん、クレジット会社は
5年ほど相手をしてくれなくなります。

これは、これでいいことだと思うのです。
借金で物を買うより貯金をしてから買うという習慣と
我慢すると言うことを覚えることは大切です。

ほしいから買う、お金がないからクレジットで買うという習慣は、
子供がおもちゃ売り場で買ってくれないから駄々をこねるというのと
何ら変わりません。

僕が、相談に乗ってあげた人のケースですが、
大手で貸してくれなくなると次にさらに危ない所で、
借りようとします。闇金とかです。
まず、自分が整理したいという気持ちにならないと元の木阿弥です。

あなたがしなければいけないことは、借金の返済・管理を本人にさせることです。
その上で、任意整理また、特定調停というのがあるよ。と教えてあげるのです。
そして、自分で裁判所に行かせて「特定調停をしたい」というと懇切丁寧に教えてくれます。
誰にも相談・依頼する必要がありません。
誰かに頼むとお金がかかりますから。

調停に入る前にやるべき事があります。
サラ金さんに行って、過去の支払い明細をもらうこと。
それを、法定金利で引き直すこと。(ベクターにフリーソフトがあります。http://www.vector.co.jp/soft/win95/business/se184281.html

このデーターを元に調停に出席します。
払いすぎになっていることがあると思うので、自分としてもデーターを持っていないといけません。

もし、過払い金になっている場合、不当利得返還請求が出来ます。
調停では、必ず「不当利得返還請求をします」と言って和解してください。
そうしないと、それまで放棄したことになってしまいます。

最後に、120万円ぐらいの借金ですからかんたんに決着付けられる
と思います。

ただ学生さんでこのような借金をする人に見込みがあるのでしょうか?
女性は、相手によって全く違う人生があります。
一度あなたもこの方とのお付き合いを考えた方がいいと思います。
借金漬けになっている人は、いつまでたっても抜けられません。
借金が、終わってまたカードが作れるようになるとまた次にやります。
この借金漬けは、子供の時にほしいものはほしいと買っていた人は、
大人になってもやるそうです。
自分でお金を稼ぐようになるからさらに高いものがほしくなります。

ただあなたが、この男性に将来有望な眠れる火花を見られるような人ならいいと思いますが・・・。
がんばってください。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-03-26 13:19:17

ANo.7

おはようです。

一番大事なこと、彼の借金返済に貴方はタッチしない。

自分のケツは自分で拭かないと、また同じことを繰り返します。

投稿日時 - 2006-03-18 05:19:00

ANo.6

そのNPO法人が、司法書士に仕事を紹介するというのが気になります。これだけでは何とも言えませんが、NPO法人のなかには問題があるところもあるようです。

弁護士が債務整理の法律関係をまとめたサイトがあります。下記参照。

http://www.ichigo-law.com/html6/saimuseiriindex.html

また、弁護士が運営しているサイトを紹介します。多重債務、個人再生についてのフォーラムもあります。

http://www.ichigo-law.com/html1/keijibaniriguti2.html

このフォーラムでの相談は無料です。

なお、弁護士法では、紹介者、例えば、NPO法人に顧客を紹介してくれたお礼を支払うのは禁じられています。司法書士法に同様の規定があるかまでは調べていません。

投稿日時 - 2006-03-17 14:03:51

ANo.5

ちょっと心配ですねぇ。
最近債務整理屋が結構いるので良心的なのかどうなのかがよくわかりません。

別に弁護士でなくても司法書士でも最近は簡易裁判所での代理人になれるようになり(別途認定される必要があるけど)、また弁護士以外認められていなかった紛争性のある事件の法律相談もできるようになったので、このような債務整理を中心に手がけている司法書士はいますから、それ自体に問題があるわけではありません。はっきり言うと債務整理は法律事務の上ではかなり簡単な仕事ですし。
それよりは弁護士にしても司法書士にしてもお金儲けであまりよくない人もいらっしゃいますから。。。

ご質問の場合、特定調停の制度を利用して債務を整理するのが一番簡単なケースではないかと思いますよ。
使っている業者も大手ということなので、あくどいやり方はしないと思いますから。
法律上の相談をするのであれば、複雑な話を色々話しても致し方ないので、単純に現状がこれで特定調停のやり方を教えてくださいと聞けばよいです。聞く相手としてそのNPOの紹介の司法書士が良いのかは疑問なんですけど。

せめて金利計算程度が出来るのであれば、特定調停を自分でやるというのも一つの選択肢ですよ。
特定調停というのは簡易裁判所で手続きして申し込みます。具体的なやり方は裁判所の書記官に聞けば教えてくれます。あとは、調停委員を経由して債権者と話し合い、まずは利息制限法以内の金利に引きなおして計算して残り支払う金額を確定して、毎月幾ら返済して何ヶ月で完済するという約束をします。

少なくとも現状よりは支払う金額は少なくなりますし、この先がはっきり見えますので気分的に楽ですよ。

投稿日時 - 2006-03-17 11:35:33

ANo.4

 法律相談としては自治体が行っている弁護士による無料法律相談(県・市町村のHPで確認)や弁護士会の法律相談(30分 5,000円前後)があります。
 費用についてご心配であれば、法律扶助協会で実施している無料の法律相談があります。
 法律扶助協会は、無料法律相談と裁判費用等の立替を行っている財団法人で、通常弁護士会内にあるようです。利用される場合は、「法律扶助協会の無料法律相談をお願いしたい。」と言った方がよいようです。なお、法律扶助協会の利用に当たっては収入要件等があり、例えば「単身者の基準月収額(年収を12で割る) 182,000円以下、2人家族 251,000円以下、3人家族 272,000円以下・・・」等が定められているようです。
 詳細は下記URLを参照してください。http://www.nichibenren.or.jp/ja/link/bar_association.html(弁護士会)
http://www.jlaa.or.jp/(法律扶助協会 ひと目でわかる制度案内(右上))
http://www.jlaa.or.jp/branch/index.html(法律扶助協会)

投稿日時 - 2006-03-17 07:15:52

ANo.3

そこの団体がそうかはわかりませんが、NPO団体と銘打っている悪徳な商売をしている人は確かに存在します。

そこでもいいのですが、一度無料の法律相談をしてみた方がいいのではないでしょうか。
市役所などでも弁護士が当番でやっていますので市役所などに聞いてみるのもいいでしょう。

いま、法手続きをすることは彼の将来に汚点となってしまいますが、あなたのおっしゃるとおり、今しなければならないこと、を完遂した方がいいと思います。

投稿日時 - 2006-03-17 06:46:29

ANo.2

弁護士会のリンクを貼り忘れてしまいました^^;
下記から参照してください。
http://www.nichibenren.or.jp/ja/link/bar_association.html

投稿日時 - 2006-03-17 04:26:41

ANo.1

サラ金に対する対処は一律です。

まず、質問者さんの彼の借りているサラ金の利率はいくらになっていますでしょうか。
それを確認してください。
まず間違いなく20%超になっていると思います。

しかし、それらの利率は利息制限法によって18%までしか定めてはならないとされています。
ですので、18%を超えた分の利息は原則無効になります。
彼の借りた元本を利率18%で返済金額を計算してみてください。
そして、今まで返済した額と比べてみてください。
その差額が、彼の本当の借金の残額です。
もし返しすぎていたなら、その差額を逆に相手に請求できます。

だいぶ楽観的になれましたでしょうか。

但し、この消費者金融の利息というものはまさに法律のグレーゾーンとも言うべきところで、普通の方が付け焼き刃の法律知識でサラ金に主張したところで、ほとんど相手にされません。
ですので、是非お近くの弁護士さん、もしくは弁護士さんがお知り合いにおりませんでしたら、お住まいの都道府県の弁護士会の相談をお受けください。
大抵無料相談がありますので、是非ご利用ください。

司法書士さんは、弁護士さんのできる仕事の一部しかできませんし、本来は書類作成のための職業ですので、弁護士さんを頼ることをお奨めします。

大変な彼を献身的に支えてらっしゃるようで、感心いたしました。
よほど好きなのですね。
羨ましい限りです^^
それでは頑張ってください。

投稿日時 - 2006-03-17 04:23:43

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-