こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

○靖国神社参拝、日本と中国・朝鮮半島との思いの違い

『質問』
 中国・朝鮮半島の方々(主に政治家)が、日本の政治家の靖国参拝に対して遺憾の意を表しています。
 中国・朝鮮半島の方々にとっての靖国神社と、日本人から見た靖国神社に対する思い入れの違いは何なのでしょうか?

例えば、、、
 一神教の信者が信仰対象を汚す行いを知れば、当然怒ります。これは彼らの生き方や存在を否定されるようなモノなのだと思っています。
 靖国神社の場合は、どうなのでしょうか? 戦後の国交正常化を起点として、過去の過ちには水に流し、日本国民の一人である政治家の参拝も問題無いとするのか?
 それとも中国・朝鮮半島の方々の意志を重視して、政治家の参拝だけは止めるべきか?

【実際は、外交カードに使われるだけで、靖国参拝など、中国・朝鮮半島の方々は気にしていない?】

投稿日時 - 2006-02-21 16:10:16

QNo.1981584

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

韓国についてのみの回等です。

韓国政府が最近靖国などで日本に正面切って抗議するようになったのには、理由があります。

ご存知かとは思いますが、ノ・ムヒョン政権になってから、植民地時代に日本に協力した「親日派」を断罪する法律などもでき、長年に渡る日本との腐れ縁を断ち切る動きが進んでいます。

韓国では、日本の敗戦後も、植民地時代に日本に協力していた人物がそのまま権力の座についていました。(例えばパク・チョンヒ元大統領は日本の陸軍士官学校出身です。)
そんな時代には、国内で反日教育を行なっても、日本に直接文句をいうなんてことはできませんでした。
それが最近は、親日派がいなくなって日本とのしがらみがなくなったので、言えるようになっただけのことです。

以前は言いたくても言えなかった、というわけです。


靖国問題については、外交カードとして使われている側面があることは否定しません。
でも、「外交カード」だからと言って、一般の韓国人が靖国をどうでもいいと思っているわけではありません。

韓国人の中には、日本がまた韓国に攻めてくるのではないかと心配している人がたくさんいます。
もちろん韓国人の中でも世界情勢に通じた人ならば、そんなことはあり得ないとわかっています。
でも、心配している人を無知だと笑うわけにはいきません。
韓国人は、心配して当然の経験を直接間接にしているのですから。
それに、私が一番驚いたのは、日本に何年も留学した経験があるのにそんな心配をしている人がいたことです。
日本人の傲慢さや歴史に対する無知を目の当たりにし、「こんな日本人なら、また韓国に攻めて来てもおかしくない。」と心配をしているのです。
日本で暮らした人にまでそんな心配をされるなんて、悲しいことです。

いずれにせよ、そういう人たちは、靖国参拝をどうでもいいなどとは、決して思っていません。
彼らが靖国関係の事実を正確に理解しているかどうかは疑問ですが、政治家の靖国参拝の映像に不安を感じており、関心も大いにあります。

このような人たちの存在があるからこそ、靖国は「外交カード」として使われるのです。

投稿日時 - 2006-02-21 17:34:43

お礼

 韓国でのご事情をお話頂きありがとうございます。
 日本に長く滞在した韓国人が日本の侵略を心配しているとは、思いませんでした。これは反日教育や政治とは、別に真摯に受け止める必要がありますね。
 日本の歴史教育が薄っぺらなのは感じています。事実を子供達に伝えようとしない風潮が教科書採用問題を見て感じます。
 内容は別として中国・韓国が、日本より歴史教育に熱心なのは事実ですね(内容は、正確なモノに変えて欲しいですけど)

投稿日時 - 2006-02-21 18:37:52

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.8

年がばれますが、私の経験でいうと
ノムヒョン政権以前は
実際日本統治時代を体験していたので、「わかっていた批判」をしていた記憶があります。国内の反日教育の無茶苦茶さの自覚があったとおもいます。韓国内でじかにあったお年よりの方も、どちらかというと好意的でした。
「いいたくてもいえなかつた」
ではなく「いわなかった」が正しいです。

ノムヒョンからですからですね。事実とかけ離れた洗脳教育をうけてきたた世代が台頭しだして、いまに至ります。
それらに、朝鮮民族の歴史的無知と、国民性(究極レベルで責任性が内に向かない他)加わりいまの状況になります。

韓国というか朝鮮半島の場合、過去を否定(殲滅)し、正当性を持たせる、手段を延々ととってきました。
仏教叱り、漢字然り、と延々と否定し続けて、今にいたります。(これらの性質が歴史的な建築物や文化が無い原因だったりします)

日本側はあわせる必要はないように思えます。
10後もきっとかわっつているから

投稿日時 - 2006-02-22 14:14:13

ANo.7

#2ですが、補足します。

>野党からは、その観点からの指摘は無かったのでしょうか?

野党だけでなく新聞等のメディアが、首相の参拝を「私的」か「公的」か? と問いただす理由がこれですね。ちなみに…

1997年4月 最高裁が「愛媛玉ぐし料訴訟」で、愛媛県知事の靖国神社や護国神社への玉串料等の奉納を違憲と判断し、県知事に対し玉ぐし料として支出した金額を返還するように命じたことを参考に書き込んでます。

参考URL:http://www5.hokkaido-np.co.jp/motto/20051022/

投稿日時 - 2006-02-21 23:55:56

お礼

補足ありがとうございます。
野党だけでなく新聞等のメディアが、首相の参拝を「私的」か「公的」か? と問いただしても、違憲問題にまで発展しないのでしょうかね?野党も判断しかねているのかな?

投稿日時 - 2006-02-22 12:29:48

ANo.6

No.2さんへ
「現憲法下では政教分離の観点から、公務として参拝することは憲法違反であり」
とのことですが、最高裁判決で公務として宗教施設への参拝が憲法違反と判決が出されたのは、いったいいつのなでしょうか?
 それとも、伊勢神宮や東大寺や浦上天主堂・天理教本部などの靖国神社以外の宗教施設なら違憲ではなく、靖国神社だけは違憲だとでも判決が出たのですか? まさか、地裁・高裁レベルでの裁判官の私的意見を「違憲判決」「憲法違反と決定」という認識なのでしょうか。

 「宗教施設への公務での参拝は憲法違反の疑いがある」という主張があるのは知っていますが、いきなり「憲法違反」だと決めつけるのはフェアな発言ではないですね。それはNo.2さんの個人的見解でしょう。

投稿日時 - 2006-02-21 21:38:49

ANo.5

 中国は、No.1 に既に述べられた通り、外交カードに使っているだけです。むろん多少の文化的背景はあって、シナには死者に鞭打つ文化が営々と続いてきたという要素はありますが。

 韓国の方は、外交カードというより、文句を付けるネタを常に探していた結果でしょうね。日清戦争から大東亜戦争終結後の日韓基本条約までの間、途方も無い日本からの持ち出しによってなされた朝鮮の近代化を、それと認めることができない捩れた心理があるからです。そういう背景に基づく反日捏造教育の成果が、良く出ていますね。

投稿日時 - 2006-02-21 19:31:58

お礼

ご回答ありがとうございます。
日韓併合による朝鮮の近代化が朝鮮の方々のプライドに関わっていると思える節があるということですね。

中国は外交カードにしたい旨が伝わりますね。
在日中国人の方も意見も聞いてみたいです。

投稿日時 - 2006-02-22 12:27:52

ANo.4

「死者」に対する考え方の違いです。

日本は古戦場、処刑場などに亡くなられた霊を弔う習慣があります。
首塚などがあるでしょう?
靖国もその一種ではないでしょうか。
これは頭ではなく肌で伝わってる日本の性格かもしれません。
無意識というか潜在的意識なのかはわかりませんが、
論理的に言い表せない日本の伝統かもしれません。

日本はアメリカと戦争中に亡くなった敵の総大将ルーズベルト大統領に弔文を送りつける国ですから。

中国や韓国は絶対真似のできない行為ですよ。

補足:
お盆も死者に対する行事です。
盆踊りは死者への手向けです。
死者を祀る靖国に行かせないためには、まず盆を潰すしかないでしょうね。
極論、盆が無くなれば靖国は存在価値を失います。

ちなみに。
戦争中に亡くなった人間の遺骨探しがあります。
これは日本ほど執念深く回収している国はありません。
アメリカは身分証ネックレスの回収くらい。
他の国はほとんど回収しません。


このところ、メディアは外国のご機嫌取りばかりで困った物です。

投稿日時 - 2006-02-21 17:43:44

お礼

ご回答ありがとうございます。
「死者」に対する考え方は、確かに異なりますね。
ただ、「死者」に対する考え方だけの違いなら、政教分離という日本国内の問題だけになるような気がします。

No.3の方のように、中国・韓国の国民レベルで日本に対する警戒心は無いのでしょうか?

匿名性が確保されるなら、在日の中国人や韓国人の方の本音を聞いてみたいですね(反日教育を受けているという事を前提に解釈が必要だと思いますが)

投稿日時 - 2006-02-21 18:59:11

ANo.2

>日本人から見た靖国神社に対する思い入れ

誤解してほしくないのは、日本人が全て首相の靖国参拝を認めているのではない!ということです。
現憲法下では政教分離の観点から、公務として参拝することは憲法違反であり、この問題は永年に渡って議論され続けられている国内問題でもあるのです。

投稿日時 - 2006-02-21 16:57:42

お礼

ご回答ありがとうございます。
 「現憲法下では政教分離の観点から、公務として参拝することは憲法違反」は、聞いた覚えがあります。
 野党からは、その観点からの指摘は無かったのでしょうか?

投稿日時 - 2006-02-21 17:02:07

ANo.1

単なる外交カードのつもり。
最近もA級戦犯でなく、奉られている人全部が問題などと言ってます。
(朝鮮人も奉られているのに)


歴代首相の靖国参拝記録

名前       日付           中国・韓国の反応
東久邇稔彦   1945年            沈黙
幣原喜重郎   1945年            沈黙
吉田茂      1951年10月18日     沈黙
        1952年10月17日     沈黙
        1953年4月23日      沈黙
        1954年4月24日      沈黙
岸信介     1957年4月24日      沈黙
        1958年10月21日     沈黙
池田勇人    1960年10月10日     沈黙
        1961年6月18日      沈黙
        1962年11月4日      沈黙
        1963年9月22日      沈黙
佐藤栄作    1965年           沈黙
        1966年           沈黙
        1967年           沈黙
        1978年           沈黙
        1969年           沈黙
        1970年           沈黙
        1971年           沈黙
        1972年           沈黙
田中角栄    1972年           沈黙
        1973年           沈黙
        1974年           沈黙
三木 武夫   1975年4月22日      沈黙
        1976年10月18日     沈黙
福田赳夫    1977年4月21日      沈黙
        1978年4月21日      沈黙 =A戦犯合祀=
大平正芳    1979年           沈黙
        1980年           沈黙
鈴木善幸    1980年~82年にかけて9回 沈黙
中曽根康弘   1983年4月21日      沈黙
        1984年           沈黙
        1985年           中国抗議!!
        天安門事件(1989年)
橋本竜太郎   1996年           中国抗議!!!!!
小泉純一郎   2001年           中国・韓国抗議!!!!!
        2002年4月21日      中国・韓国抗議!!!!!
        2003年           中国・韓国抗議!!!!!
        2004年1月1日       中国・韓国抗議!!!!!

投稿日時 - 2006-02-21 16:18:06

お礼

ご回答ありがとうございます。

以前TV放映でも聞きましたが、A級戦犯合祀時にはクレームが無く、途中からなのですよね。この時期以後の中国に何か変化が有ったのでしょうかね?
有識者の一部には、戦後できた中国に文句を言われる筋合いは無い、みたいな意見もありますね。

天安門事件は闇に葬られた感じがします。
「日帝が自腹+現地労働者(奴隷では無い)により、中国・朝鮮半島・東南アジアの近代化を果たす役目をした」と国民に伝わるのが困るのでしょうかね?

投稿日時 - 2006-02-21 16:49:30

あなたにオススメの質問