こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

凝析や塩析が生じてしまった後の溶液にはイオンが多く存在している?

 プラスに帯電したコロイドに電解質を加えると、凝析または塩析がおこります。これは、電解質によって生じたマイナスイオンの影響を受けたからだと思います。ということは、この凝析や塩析が生じてしまった後の溶液は電解質のプラスイオンが多く存在しているということなのでしょうか?よろしくお願います。  

投稿日時 - 2006-01-29 21:27:38

QNo.1930077

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

どういう質問かよくわかりませんが、凝析や塩析後の溶液には当然電解質のプラスイオンが含まれます。沈殿後に残るのは電解質のカチオンと元のコロイド溶液のアニオンでしょう。ただ、最初とイオンの総数は変化していないはずです。(沈殿析出後も過剰に加えなければですが)

なぜなら、プラスに帯電したコロイドが単独で存在することは考えられません。もっともプラズマなど高エネルギー体ならわかりますが・・・。凝析や塩析で沈殿した際のイオンの増減を考えればわかると思いますが、完全に±0です。1つのカチオンに1つのアニオンがくっつくわけですから当然ですね?

投稿日時 - 2006-01-30 17:26:26

お礼

プラスに帯電したコロイドの他に、マイナスイオンも存在していたことを忘れていました。根本的な勘違いをしてしまったようです。頭の中が整理できてよかったです。ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-01-30 21:28:32

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-