こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

tough on とtough for の違い

文法のテキストからの文ですが、I guess cram school is tough on both kids and parents. (塾っていうのは、子供にとっても親にとってもつらいものだと思うな)の文で、tough for both kids and parentsとすると、ニュアンスは変わりますか。また、on の代わりにto を使うことは可能ですか。よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2006-01-25 11:53:02

QNo.1919941

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

前置詞は難しいですよね。

で、tough for は間違いではないですよ。で少し考えて見ました。

ご質問の文だと tough on の方がぴったりイメージが合います。
ところがたとえば、too tough on よりは too tough for の方がいいんですね。

で、この理由は前置詞のイメージではないかと思います。
つまり、 on というのは接しているイメージであり、この場合重荷が今現在のしかかっているというイメージにぴったりです。for だと今現在その重荷に耐えているイメージがありません。というのもforは基本的にそちらの方向を向いたイメージですから、距離感を感じます。

一方too tough for の場合は、重荷が重すぎるという話ですから、そもそもその重荷に耐えているわけではないので、それが接してのしかかっているではなく、その重荷がのしかかったら耐えられない話ですから、今現在耐えているというonより距離感のあるforの方が好まれるのだと思います。

投稿日時 - 2006-01-25 12:36:17

お礼

早速ご丁寧な回答ありがとうございます。やはりどちらも文法的にはOKだけれども、前置詞の持つ感覚が少し違うということですね。on とfor の持つイメージが、すんなり感覚的に受け入れられるようになると
このような前置詞の使い分けができるようになるのですね。早く私もそのようになりたいです。ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-01-27 22:45:37

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-
-広告-
-広告-