こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

殺陣や剣技の描写が優れている作品

殺陣や剣技の描写が優れている作品を是非教えてください! 洋の東西、現代物、時代物は問いません。

よろしくお願いします!

投稿日時 - 2006-01-15 04:29:53

QNo.1897081

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

藤沢周平の短編集『隠し剣 孤影抄』と『隠し剣 秋風抄』(共に文春文庫)に収録の各編は,いずれも著者が考案した“秘剣”が登場し,剣技の説明も詳しい方だと思います。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167192381/qid=1137337367/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/250-6834610-1156231

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/416719239X/ref=pd_sr_ec_ir_b/250-6834610-1156231

(先刻ご承知であれば失礼しました)

投稿日時 - 2006-01-16 00:10:06

お礼

ありがとうございます!

是非読んでみようと思います!

投稿日時 - 2006-01-16 01:39:47

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(5)

ANo.5

隆慶一郎氏の作品などいかがでしょう。

「柳生非情剣」「柳生刺客剣」
「吉原御免状」「かくれさと苦界行」などがお勧めです。
他の作品も殺陣は描かれてますが上記の作品が秀逸だと思います。

参考までに

投稿日時 - 2006-01-16 18:59:56

お礼

面白そうですね。是非読んでみます!

ありがとうございました!

投稿日時 - 2006-01-17 00:02:11

ANo.4

 池波正太郎さんはいいですよ。簡潔だけど、その場の緊迫感、刀の光など、はっきり感じられます。『鬼平犯科帳』など。
 殺陣の描写はもちろんだけど、たとえば、こんな描写もあるんです。切り合った後、数日して、剣士が針で額を突ついてる、何してるかというと、刀のぶつかり合いで、飛び散って、額にめり込んだ金属片が、2、3日経つと浮き出てくる、それを弾き出している、というような……。
 リアルなんだな。お勧めです。

投稿日時 - 2006-01-16 15:06:07

お礼

その描写かっこいいです!

ありがとうございます。
是非読んでみようと思います!

投稿日時 - 2006-01-16 23:55:06

五味 康祐さんの「柳生連也斎」「柳生武芸帳」などの諸作品はどうでしょうか?。個人的には山田風太郎さんの「魔界転生」が好きです。

投稿日時 - 2006-01-16 07:48:03

お礼

ありがとうございます!

是非読んでみます!

投稿日時 - 2006-01-16 23:53:52

マンガでもよいのでしょうか?
とみ新蔵さんがリイド社で書かれている剣豪マンガが秀逸です。
ちょっと血なまぐさいのが難点ですが。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-form/249-0281374-5732314

投稿日時 - 2006-01-15 04:51:14

お礼

早速の回答ありがとうございます!

出来れば小説等の文芸でお願いします。
説明不足ですみませんでした……

投稿日時 - 2006-01-16 01:38:53

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-