こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

悪法について

上記のタイトルについて2点御聞きしたいことがあります。
(できれば2点とも理由を付け加えてお願いします)



1、あなたが考える悪法とはどのようなものか?

2、そうした悪法に従う必要があるか?


皆さん様々な意見があると思いますが、御意見宜しくお願いします。

投稿日時 - 2005-11-13 22:20:26

QNo.1777228

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

現行法の元では.国民が「法律に問題がある」と思ったときに直接主張をする方法としては.
該当法令に違反する行為をして.法律の無効を裁判所で争う
しか方法がありません。

現行法で.国民には自由権があります。したがって.国が取れる行動は4種類に限られます。
禁止-許可
認可-命令
の4つがそれぞれ反対の意味になります。
「裁判所で争う」湖とは.憲法の規定による国民の自由権のひとつです。ですから.気に食わない法律だから違反して「裁判所で争う」か.参政権として「気に食わない法律である」と表現するかの2つの方法があります。

違反することで直接裁判所で争うか違反しないで表現するかは個人の自由権であり.他人がとやかく言う内容ではありません。
例としては.
「日本での臓器移植」として.殺人行為をして裁判所で争う
(札幌大学と筑波大学までは覚えているのですが.他にもあったはずです。北大での結論が出ましたが他の約20権は裁判所に持ち込まれず検察庁で長期間放置され.臓器移植法成立をもって.不起訴となりました)

殺人行為を「脳死は人の死である」と宣伝して(現在も残っているかどうか.日本臓器移植学会のサイトに。論文自体はきかんしに掲載されています).臓器移植法を成立させる

です。殺人行為の言い換えである「尊厳死」「安楽死」については.殺人罪で裁判所で争って無罪となり.正当製が見とめられました。

行政法の中に行政権の乱用を正当化している法律がいくつかあります(悪法と思っています)が.私は行政官ではありませんから従うも従わないも.適応されないのです。

投稿日時 - 2005-11-14 03:38:57

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.1

1について

無いとは言わないが、すぐには思いつきません。
憲法に違反している法律とでも言えばいいでしょうか。

2について

従わないのは勝手だが、強制処分や刑事責任を追及されることは覚悟すべき。

と言ったところでしょうか。
質問の意図がわからないので、この程度の回答しか出来ません。

投稿日時 - 2005-11-13 23:34:54

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-