こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

着物を買いたいのですが

 最近着物を着てみたいと思い始め、着付教室に通おうと思っているのですが、着物、帯、小物と何も持っていません。
 私は結婚していて子供がいるのですが、これから入学式などの学校行事にも着て行けて、結婚式等にも着ていける着物をと考えています。年齢は28歳です。
 自分なりに調べた結果、訪問着か付け下げをと考えているのですが、
 (1)着付教室で習うのには訪問着か付け下げで良いのでしょうか?また、紬は比較的普段着として着られるみたいですが、紬で習う人もいるのですか?
 (2)家紋はつける?つけない?
 (3)帯、小物はどのようなものをそろえれば良いのでしょうか?
 (4)冬用、夏用の着物があるそうですが、最初はどのような物を買ったらよいでしょうか?
 着物についての知識はほとんど無いので詳しく教えていただきたいです。よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2005-08-28 14:44:35

QNo.1610448

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

こんばんわ。最近は街で着物の方を本当によく見かけるようになり嬉しく思っている着物愛好家の一人です。
先にほとんどの回答が出ていますので重複するとは思いますが…。

(1)着付けのお稽古に最初から訪問着や付下げはやはりもったいないと思います。
シワになったり汚れたりしますからね。
お母様のお古とか、汚しても惜しくない物で始めるのがよいと思います。
紬から始めてもちろんOKですよ。
最初は浴衣か普段着の着物(小紋、紬)から始めるのが一般的だと思います。
その後に盛装(訪問着や付下げ)、礼装(留め袖や振り袖)と進むと思います。

(2)紋はとりあえず入れないでおいた方が着る機会は多いです。
紋を入れてしまうと基本的に普段着には着られません。
結婚式などやお茶席での着物には紋を入れます。
お子さんの入学式程度だと紋は入れなくても大丈夫です。
もし必要なら後から縫い紋を入れる事ができます。

(3)簡単な物からの練習になると思いますので順番としては、半幅帯、名古屋帯、袋帯と進んで行くでしょう。
着付けをマスターするにはこれらの帯が必要になります。
他には帯揚げ、帯締め、長襦袢が最低必要です。
下着類や補正具、紐類や半襟の使い方は習う教室で違ってきますので最初にお聞きになってください。
それと足袋が必要ですね。

(4)まずは冬用の袷の着物です。
お母様のお譲りなどがなくやむを得ず買うのなら安価なポリエステルの小紋などもいいと思います。
洗えるので練習に惜しげなく着られますし長い目で見ても雨天用に一枚持っておいても損はないですよ。
なるべくおとなしめで流行のない古典柄を選ぶといいと思います。
大事なのは自分の体に合った寸法の着物を着るという事です。
お古であれば多少合わないのは仕方ないのですが、新しく買うのならきちんと寸法の合った物を持った方がよいです。

通うお教室はもう決めているのでしょうか?
決める前にどんな物を用意すればよいのかきちんと聞くといいと思います。
あやふやな答えしかしない所だと要らない器具などをたくさん買わされるなど儲け主義だったりします。
これとこれを用意してください。これは買って頂きます、など明解に答えてくれる所がよいと思いますよ。

ちなみに自分の経験談ですと、もう20年も前になりますが当時の大手の教室に通いました。
しかし通ったのは最初の3ヶ月。
上のクラスに進むよう言われましたが、あっさりやめてあとは教本だけを便りに自己流で覚えました。
着付けのプロになろうとは思ってなかったので。
使ったのは母のお古の着物でつんつるてんでしたが、何とかなりました。

その後、最初に自分で誂えたのは付下げと袋帯です。
これは結婚式に多数活用しまして最後は娘の七五三で着ました。
今は少し派手になりましたのでもうじき娘に譲れると思って大切にしまってあります。
次には紬、小紋、単衣の付下げ、盛夏の薄物…と揃えました。
お茶を始めてからは一つ紋付きの色無地が必要になりました。

どんな着物が必要かはその方次第でもありますし、高価な物ですからとうてい一辺には揃えられません。
長いスパンでその都度、必要と思う物を買い足していったらいいと思います。
よくわからないうちにあわてて買わない事です。

着物が好きで楽しむ気持ちがあれば知識は自然と付いてきますよ。
堅苦しく考えずに自分に合う着方を模索していってください。
どうぞ楽しい着物ライフをお始め下さいね。

投稿日時 - 2005-08-28 23:52:27

お礼

 紋を入れると普段着には着られなくなるのですね。結婚式などはそうそうあるものでもないので、まずは普段着として着られるようなものを探そうと思います。その前に母にも何か持っていないかあたってみようと思います。私も着付けのプロとまではいかなくても着物を楽しみたいなぁと思っています。ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-08-29 20:20:01

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

基本的に独学で着付けを覚えた者です(アドバイスをくれる専門家はいましたが)。
自分の経験からは着付けを覚えるのに教室に行く必要はないと思いますが、
お子様がおられては自宅での練習がしにくいだろうとおもいますので
その意味で着付け教室に通う意味はあると思います。
ではご質問にお答えしたいと思います。

(1) 訪問着や付下げは礼服扱いになり、値段も高価なものが多いです。
  練習着にするにはもったいないと思いますので、はじめは教室で借りるか
  リサイクルやレンタル落ちの安いものを手に入れて練習した方がいいと思います。
  紬は普段着着物の代表格で着付けもしやすいですし、紬で練習できるなら
  その方がとっかかりは良いと思いますが、下手すると訪問着より高いものも
  ありますので、その辺は質問者様の経済状況によります。

(2) 家紋をつけると着物の「格」が上がり、そうそう着て出歩けるものではなくなります。
  訪問着は礼装なのでもともとそんなに着る機会があるものではありませんが、
  付下げなら紋を入れなければ、同窓会や会食や、ちょっとドレスアップした
  お出かけ程度に洋服の代わりに着られるでしょう。
  せっかく買うのだから着る機会は多い方が・・・と思われるなら、
  紋は入れないことをおすすめします。

(3) これは習いに行かれる予定の着付け教室によります。
  TVで宣伝しているような大手教室の場合、入ってから「あれがいる、これがいる」と
  教室指定の小物を買わされることが多いので、先に買わない方が無難です。
  近所にあるような個人の教室の場合はたぶん自前のものが必要になりますが、
  着物についての知識があまりないのであれば、これも教室に入ってから
  先生に何が必要なものなのかを聞いてから買った方がいいです。

(4) 着物の種類としてはおおまかに
   薄物(うすもの)・・・透ける。裏地なし。7・8月に着る。
   単(ひとえ)・・・透けない。裏地なし。6・9月に着る。
   袷(あわせ)・・・透けない。裏地あり。10~5月に着る。
  の3種類があるので、いちばん長い季節を着られて使い勝手がいいのは
  袷になりますね。袷をおすすめします。

着物は季節による区別や格などのしきたりが結構ややこしいので
(覚えてしまえばどってことないですが)、とにかく何でもいいので
本屋に行って着付けの本(「誰でもできる」とか「初心者でも」とか
タイトルに入っているもの、薄くて写真がいっぱいあるものがいいです)を
1冊買ってきてよく読んでみてください。自分で着るようになって思いますが、
正直「着物の知識はないけど、着物が着たい」ってのはまず無理です。
知識は必ず、絶対、どうしても必要です。着たい気持ちがあれば頑張れます。

頑張ってください。

参考URL:http://www.somesho.com/kitsuke/0001.html

投稿日時 - 2005-08-28 16:22:03

お礼

 独学で覚えたのですか。すごいですね。私が通う予定の教室では着物、小物、帯はひと揃え自分で用意しなければならないようなので、何が必要なのか聞いて、まずはリサイクルのものを探してみようと思います。付け下げだと着る機会が多そうですね。ネットで色々調べていましたが、本も一冊購入してみようと思います。ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-08-29 20:08:40

あなたにオススメの質問