こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

所得税の出し方

___________________________________
給与収入110-給与所得控除65=給与所得45

給与所得45-基礎控除38=課税所得7

課税所得×所得税率10%=所得税 7000円

所得税7000-定率減税(今年が10%)700円=所得税6300
__________________________

上記は収入から所得税を計算したものだと思うのですが、「給与所得控除」,「基礎控除」がどういうものなのかわかりません。
是非教えて下さい。

宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2005-05-26 19:06:35

QNo.1411547

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

追記です

基礎控除は一律38万円です
割合ではありません

給与所得控除は\650,001円以上\1,800,000円以下は
給与所得×40%でその金額が65万円に満たない場合は
65万円です

参考までにどうぞ↓

参考URL:http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/yougo/000050.htm

投稿日時 - 2005-05-26 20:17:44

お礼

何度も回答して頂き、本当にありがたいです。

お陰様で聞きたいことが大体わかりました。

大変お手数をおかけしました。
ご親切にどうもありがとうございました。

投稿日時 - 2005-05-26 20:41:16

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.2

給与所得控除は、給与所得者にも経費を認めよう、という趣旨から設定されています。
基礎控除は、どういう趣旨から出来たのでしょうね~、私も知りませんが、税金を取られすぎる、という反発をかわそうという狙いでは無いでしょうか。

投稿日時 - 2005-05-26 20:03:45

お礼

回答ありがとうございました。
なるほど、それぞれそういう趣旨から存在してるのですね。

感謝です!

投稿日時 - 2005-05-26 20:42:40

ANo.1

こんばんは

給与所得控除は給与所得者の経費として控除されます
これは110万円の所得なら110万円×40%ですが
その金額が65万円に満たない場合は65万円になります
一々経費を計算して詳細を出さなくても良いという配慮です

基礎控除は全ての納税者に条件無く適用される控除です
それしか言いようが無いですm(__)m

投稿日時 - 2005-05-26 19:15:29

お礼

回答ありがとうございました。
本当に感謝です。

給与所得控除は「所得×40%」、基礎控除は「給与所得×84%」という計算をすれば一概に求めることができるということでよろしかったでしょうか?

投稿日時 - 2005-05-26 19:36:10

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-