こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

株式会社における取締役の資格について

A株式会社の代表取締役社長AAがA株式会社とは違った業種のB株式会社(代表取締役社長名=BB)の取締役(専務・常務)になる事は可能なのでしょうか?
また取締役役員の任期は2年以内と聞いたのですが、この場合2年以降は役員(専務・常務)を置かなくとも会社は成り立つのでしょうか?
ご教授頂ければ幸いです。

投稿日時 - 2005-05-04 20:46:02

QNo.1367979

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.2

商法上、例え競業他社であっても、取締役が他社の代表取締役となること自体に制約はありません。

但し、商法上の利益相反の回避の問題がありますので、その取締役が競業他社を代表して競合する取引を行う場合には、取締役会の承認を取得する必要があります。
普通は、競業他社の取締役を兼任する事になった時に、取締役会から包括的承認を得ておくことで、個別に承認を取得する手間を省くケースが多いです。

投稿日時 - 2005-05-05 09:18:44

ANo.1

違う業種であれば、異なる会社の取締役を兼務することは法的には可能だと思います。
だたし、「社長」と「専務・常務」という重い役付き役員の兼務は、株主には違和感を抱かれて異議が出るかも知れませんね。

また、現行法では株式会社は常時3名以上の取締役が必要とされています。したがって、3名未満となるときは、任期満了後に再任または改選されるのが一般です。
なお、来年4月以降より施行される見通しの改正商法では、取締役が一人の株式会社もokとなる予定です。

投稿日時 - 2005-05-04 21:51:32

お礼

jyamamotoさん、はじめまして。
ご意見ありがとうございました。
お恥ずかしながら
>来年4月以降より施行される見通しの改正商法では、>取締役が一人の株式会社もokとなる予定です。
は知りませんでした。
今後に役立てたいと思います。
本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2005-05-04 22:49:30

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-