こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

高校生の大学留学

僕は高2の男子学生です。
現在、僕は将来、アメリカの大学(志望大学は、ハーバード、スタンフォード、MITのいずれか)に留学したいと考えているのですが、
受験、並びに、留学に際して、一体どんなことを勉強すればよいのか分からず、非常に困っています。
当然、日本とアメリカとでは、学習カリキュラムが異なりますから、察するに、入試問題は、日本とは全く異なったものなのでしょう。
しかも決して容易なものではない。
身近に留学経験者や、豊富な書籍がある環境に無い
僕にとってアメリカ留学は、全くの未知の存在です。
これでは、留学がしたくても対策のしようがありません。
せめて、学習カリキュラム、入試問題が
一体どのようなものなのか分かれば良いのですが・・
どなたか、アメリカの学習カリキュラムや大学の入試問題、留学対策や体験談などを教えて頂けませんか?

一応、参考程度に僕の学習状況を簡潔に述べさせて頂きます。
留学を思い立って以来(4ヶ月ほど前)、
英語、数学、世界史、物理、化学などの科目を、独学で学習し、
現在ではなんとか、TOEICスコアを720前後、
他科目は中堅大学の入試問題程度なら、スラスラと解けるようにまでなりました。
ただ、数学や世界史の問題を英語で解けと言われたら、無理です。
正直言いまして、独学の割りに、勉強の進度は速いと思います。必要とあれば何でも勉強します。

稚拙な文章ですいません。
留学経験豊富な皆様からご教授頂ければ幸いです。

投稿日時 - 2005-04-18 18:53:43

QNo.1338605

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

 こんにちは。
 アメリカの大学に入るのには、TOEFLという英語のテストを受けなくてはなりません。普通の大学でしたら、550点くらいあれば入れますが、スタンフォードやハーバードだと600~620点以上必要です。
 それから、高校卒業後に行く場合はSATというテストと英文に訳した高校の成績(GPA)が必要です。SATというのは、アメリカ人の高校生も大学入試で受ける、実力を測るためのテストで、確か数学、歴史、理科(化学や生物など)の3教科(教科は、ある程度は選択できます)だったと思いますが、行きたい大学によって指示が違うかもしれないので詳しいことは学校に問い合わせた方がいいと思います。
 高校の成績(GPA)というのは、その人が高校でどんなことをしたかというよりは、成績だけを見ると聞いたことがあります。普通の大学だとだいたいGPAが3.0(平均がBか4)くらいあれば入れますが、スタンフォードやハーバードの場合は限りなく4.0(ほとんどAか5ばっかり)に近い成績を求められ、高校の成績が悪いと入れない場合があります。(アメリカの大学は高校の名前やレベルの高さは気にしません)
 入学に必要な最低GPAや大検の場合など、詳しいことははからないのでこれも直接学校に問い合わせるのが一番いいと思います。
 ちなみに私は23歳で留学を始めていますし、コミカレからトランスファしたため、そのSATというのは受けたことがないし、高校の成績もかなり悪いですが、大学に入ることができました。
 コミカレに入る場合、必要なTOEFLスコアさえあれば高校の成績はどんなに悪くても入れるし、トランスファする時は、そのコミカレの成績だけを見られるので高校の成績などは関係なくなります。
 高校の成績やTOEFLのスコアが悪くて、行きたい大学に行けなかった場合、最初はコミカレに入って、GPAをあげてから大学に入り直す人もいます。その場合、高校の成績は関係なくなるし、SATもいりませんが、その大学が指定するTOEFLのスコアとコミカレでのGPA(スタンフォードやハーバードの場合はほぼ4.0に近いGPAが必要)が必要です。
 また、どこの大学も定員があり、同じ州からトランスファしてくる子供を優先するため、コミカレに行く場合は行きたい大学と同じ州にある所に行くとよいと思います。その場合、単位もほとんど移せます。
 それと、大学から申し込み書を送ってもらうのに約1ヶ月、そしてその申込書と必要な書類を大学に送り、返事が来るまでに2~3ヶ月かかります。ほとんどの大学は9月から入る場合、申し込みの締め切りは5月くらいまでの場合が多いので、準備する場合は早くしたほうがいいと思います。
 申し込みの締切日も学校によって違うので、詳しいことはその学校のHPなどに行って調べるといいと思います。
 がんばってください。

投稿日時 - 2005-04-19 08:25:33

お礼

回答有難うございます。
やはり手続きにはかなり時間が掛かるのですね。
出来るだけ早急に準備に取り掛からないと・・

投稿日時 - 2005-04-20 20:50:08

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(4)

ANo.4

私は現在アメリカの進学校(公立)高校で最終学年をしているのですが、卒業後日本の大学を受験する予定です。参考になるかわかりませんが、私の高校の普通の生徒がどのようにしているのかを述べさせてもらいます。

まず、こちらの人で超有名私立大学に進学したいと思う方は、日本で思われるほど多くはありません。もちろん、全くいないわけではありませんが、大体の生徒が州立大のトップをめざしています。多分経済的な理由が主だと思いますが、同時にあまり学士では私立有名校に執着していないように思われます。貴方の文章を見るとどちらかというとブランドに惹かれている面が大きいと思われるのですが、実際IVY以外でも分野によっては他の大学のほうが難しい,有名であることもあります。

実際に、高2でtoeic720をとりつつ受験勉強も比較的できるようなので、こちらにくるのはそれほど急がなくても良いような気もします。まずは日本で難関国立大を卒業後、留学のような形でこちらの大学院に来たほうがいいとおもわれます。

私の個人的な意見でもあるので、貴方がじっくりと親、他の人と相談して最終決断するべきですが、学部でこちらに留学する理由は、日本の学力レベルではそれほどあるとは思えません。将来国際的なフィールドで、英語で渡り合うことを目指している(日本語ではなく)、又それを急いでいるのであれば無論慣れておくべきですが、実際日本の大学卒業後でも十分だと思います。むしろ、こちらの大学をでてしまうと、日本での就職に苦労すると思いますが。

こちらの大学がみているものですが、基本的には成績はある程度その他、本人のその分野でしたい事、それについてどのような経験をしてきたかなどが大きいともいます。日本からの受験生をどのようにとるのかあまりわかりませんが、基本的な高校生での学力としては日本のほうがはるかに上です。
又、こちらに留学するとなるとその他の面も考慮しないといけません。これまで日本で勉強をし続けてきたのに、大学に入っても英語で苦労し続けるのにいやになるかも知れません。アメリカは勤勉だと思うかもしれませんが、思うほど勉強しません。大学でも、自分の成績をある程度キープできるなら、ダンスやパーティーで後は楽しようという考えです。もちろん、自分の好きなフィールドにはとことん入り込めるのですが。さらに、ビザの関係などでバイト禁止など、他の学生との差で勉強以外の部分で損をするかもしれません。もしかすると、夏休みにインターンしたいなどというときにビザが理由できないかもしれません。そのような面もきちんと考えた上で納得したならば、こちらに来るべきだと思いますが、少しでも不安があるならば、日本の大学に進学してからでも遅くはないでしょう。 参考までに。

投稿日時 - 2005-05-09 07:34:23

ANo.3

ご参考まで卑近な例を紹介します。息子は日本のトップと言われる大学に合格しながら、それを辞退し、現在米国のアイビーリーグ校のひとつに留学しております。来月卒業し、大学院に進学が決まっております。米国留学を選択した理由は、自分のやりたいことが日本の大学に見つからなかったこと、18歳で親元を離れたかったことなど、いくつかあるようです。帰国子女でもありませんし、海外長期滞在経験もありません。夏休みにホームステイをしたぐらいです。

息子は、留学に関する情報収集、TOEFLやSATの準備や受験、大学選び、入学申し込み書類の作成、等々、誰に相談する訳でもなく、インターネットや書籍を駆使し、お金の工面と推薦状以外は、ほとんどすべて独力でやりました。TOEFLも3回目には640点を超えましたし、SATの数学は満点でした。レベルの高い大学を目指すのであれば、(日本の大学を受ける、受けないは別にして)高校の成績も重要な要素で、留学の準備と並行してやる必要があります。

そこで質問です。ReNSさんは、米国の大学で一体何を学びたいのでしょうか。それによって目指す大学や学部も違ってきます。留学することについて自分でどこまで考え、何を調べたのでしょうか。昔と違ってその気になればほしい情報は容易に集まります。そうすれば留学するために、いつまでに、何を、どうしなくてはいけないかが自ずと見えてきます。その意味で、失礼ながら、留学に憧れている段階のような気がします。またすでにご指摘もありましたが、米国の有名私立大学の費用は、授業料、寮費、生活費などを含め、年間4万5千~5万ドルかかりますし、それをどう手当てするかも重要な問題です。外国人留学生に対する奨学金枠はほんのわずかです。

偉そうなことを書きましたが、もう一度原点に返り、留学をひとつの主要な選択肢として、両親や先生ともよく相談し、進路を考えたらよいと思います。日本の大学を卒業してから、米国の大学院に留学するという選択肢もあります。親の了解と先生の理解と支援は必須です。4年間を振り返って、息子を米国留学させたことはよかったと思っています。一番大事なのは本人のやる気と意志です。頑張って下さい。多少とも参考になれば幸いです。

投稿日時 - 2005-04-19 16:10:43

お礼

回答有難うございます。
非常に丁寧な文面でのお返事、感謝に絶えません。
僕が米国の大学で学びたいことは、
医療、或いは、電子工学です。
というのも、この二つのカテゴリにおいて、
米国の教育水準が日本と比べて、相対的に優っていると考えたからです。
恥ずかしながら、ご指摘通り、
僕はまだ留学に憧れている段階です。
しかし、今回、多くの方から頂いたアドバイスを読んで、
一層留学への意欲が強まり、また、留学における
資金的、学力的な問題の見解も深まりました。
ぼくは、これからは留学を単なる憧れの対象としてではなく具体的な将来の進路の一つとして見ていきたいと思っています。
大分生意気な事を言いましたが、
ご理解いただけたら幸いです。

投稿日時 - 2005-04-20 21:18:00

まず英語についてですが、留学生は必ずTOEFLの点数を提出しなくてはなりません。ちなみにTOEIC720は低いです。まずTOEFLを受けてみましょう。そしてTOEFL対策をしましょう。それ系の本は書店に色々ありますので見てください。

大学のカリキュラム:
基本的にクラスを取って単位を取ります。これは大学にもよりますが1クラス3単位だったり2単位だったりと色々です。一般教養&専攻科目含め全部で120単位以上(これも学校によって180だったりする)取って卒業資格がでます。なので場合によっては早く卒業することも可能(私は3年半で終わらせました)。
学期も2学期制・3学期制・4学期制と様々です。
クラス内容もディスカッション中心だったり、ただ聴講するだけだったり、色々です。
最低単位の一般教養を取らないと卒業できません。この辺はどれを取ればいいかということは各大学でカウンセラーがいるので話し合って決めることができます。
ちなみに「やっぱり学部を変えたい」と言っても変更することは日本の大学よりとても簡単。
その後、いよいよ学びたい学部のクラスを取ります。
転校するのも簡単、単位も一緒に移すことができるのでロスは少なくなります。

行きたい大学がハーバードとか:
まず、大学のHPに行ってみる。大体入試に必要な物が書いてあります。英語の勉強にもなるし。
ちなみにハーバード・MITなど志望ということですが、TOEFL以外にもSATが必要です。これはアメリカの高校生が受ける全国テストで、言ってみればセンター試験みたいなもの。もちろん全部英語。数学は日本人にとってはやさしいかと思いますが、もちろん英語の文章問題も出てくるので対策が必要ですし、アメリカ人向けの英語の試験もあるわけですから、かなり難しいと思います。
ちなみにアイビー以外の大学ではいらない場合の方が多いです。これは大学にもよりますので、まずは捜すこと。洋書を売っている書店には辞書サイズ並に大きい大学案内がおいてあります。それを参考にし、HPに行って留学生用のページを見てみましょう。

私見を言わせてもらいますが、普通の大学への留学は頑張れば可能ですが、ハーバード・MITなどに入ることはとーーーっても難しいことです。そして私立ですのでお金もものすごーーーくかかります。
本当に行きたいのであれば、とりあえず入れるアメリカの大学に入ってから有名な学校に転校するのがいいと思います。ただ転校を認めていない学校もあるので注意してくださいね。
あと、アメリカにはハーバード以外でもいい学校はたくさんありますよ。州立でもいい学校で有名な学校は沢山あります。安易にハーバードっていうことにせず、時間をかけて色々捜してみてください。

投稿日時 - 2005-04-18 22:12:20

お礼

丁寧な回答有難うございます。
特に大学のカリキュラムの説明は非常に参考になりました。
SATというテストの存在は初耳でした。
今度、時間を掛けて調べてみようと思います。

投稿日時 - 2005-04-20 20:40:08

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-