こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

人の話が聞けない(理解できない)

最近転職しました。

Web系SEとして開発をするつもりだったのですが、
気づくと営業になっていました。

状況:打ち合わせの最に話を理解できない。
   要件をまとめられない。
   要件をきちんと記憶してこれない。
   集中力の欠如? 記憶力の低下?
頭の回転が悪い? 頭が悪い?

業務内容としては顧客やパートナーと打ち合わせして
要件定義、使用決定、開発へ指示。

といった流になります。

マネージメントの経験がなかったので、ここでそういうスキルを伸ばすのもよいとかんがえてがんばってみようと考えは前向きなのですが、どうにもこうにもうまくいきません。

打ち合わせの際に、要件をききもらしてしまったり、きちんと記憶してこれないのです。
必死にメモしても気づくと・・・メモを読んでも思い出せない・・。

上司からは、もう最近は邪険な扱いをされてしまうほど・・・。
まぁ、同じこと何度も質問したりしてるからなんでしょうけど。

誰にでもある経験なのか・・それとも、なにか私自身に根本的な原因があるのか。

かなりまいっています・・・結果仕事を旨く回せずに週末も仕事で出勤。

体力的にも精神的にも・・・くやしいです。

どなたかアドバイスをいただければと思います。

投稿日時 - 2005-03-12 13:59:05

QNo.1264864

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

53人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(13)

ANo.13

転職したばかりでいきなり客先で重要な要件定義ですか。

少し会社のやり方にも問題あると思います。
普通は慣れるまでは新人はベテランとペアで行かせるか、
細かい要件定義には開発の実務担当者が同行します。
新人がキャリアのある人でも、業務の経験値は人によりますから。
あなただけに問題があるとは思えません。

さて、現状から考えられる対策としては

頭でストーリーを理解する訓練をしましょう。
詳細にメモすることに気持ちが行って、話の流れが頭に入って無いのかも?
私はそういうタイプです。

私は詳しくメモをとるとかえって聞き漏らすため、
ポイントだけ書いて話に集中するようにしてます。
つまり本当に集中して聞くのです。
そしてミーティング直後にカフェや会社でメモをみながら正確な議事録を書きます。

あなたが私と同じタイプなら、
書くのはあとのほうが効果があるかもしれません。

投稿日時 - 2011-10-22 11:40:24

ANo.12

自分も似たような職業および経験者です。
色々思い当たりますが、一つ一つ解決していきましょう。
まず慣れていないというのがあります。
環境的にも業務的にもです。
そこに出来ないという焦りが生じて中々記憶出来ないことは考えられます。まず落ち着きましょう。
それを第一優先で考えてください。

次に疲れです。
精神的にも身体的にもお疲れのようですが、
特に睡眠と記憶力は非常に密接です。
夜中までがんばるくらいなら早退してでも
9時、10時に床につく習慣をつけてください。
眠れなくても構いません。その時間には
休んでることが重要です。

最後に私はこれで随分改善したので
参考までに聞いて頂ければと思いますが、
DHA(サプリメント)の摂取です。
脳の組織成分として医学的にも
立証されているもので、集中力や記憶力に
効果があります。セブンイレブンで売ってます。
即効性を期待せず2週間くらい飲みつづけてみてください。
毎日魚をちゃんと食べつづけられる人は少ないので、
大半の人に効果が期待できると思います。

とにかく焦らず最低限上記のことを試してみてください。
今後のご活躍をお祈りしています。

投稿日時 - 2005-03-28 22:28:56

ANo.11

がんばってください。

私も実は同じ状況です。

30代後半、転職して商社の営業を携っています。

私の場合は打ち合わせの内容がよく理解できないことがあるというのもあるのですが、社内の人間関係で苦労していることもあります。
苦痛ですが、何とかがんばるしかないと考えています。
ちなみに「中途採用者のメーリングリストは」というタイトルで、同じような悩みの方のメーリングリストを捜しているのですが、もしご存知でした教えてください。

お互いがんばりましょう。

投稿日時 - 2005-03-13 21:21:02

補足

応援ありがとうございます。

私の考えでは、社内の人間関係は仕事をきっちり
できるようになればかなり良い方向へむかうと考えています。いいやつでも、仕事ができなければ、人間関係が破綻してしまうと思います。

なので、まず今は、きちんと内容を理解して、要件をまとめ、仕様としておとしこめるようにがんばります。

投稿日時 - 2005-03-13 21:46:15

ANo.10

記憶力の低下という部分で少し気になったのですが、
若年性健忘症の可能性は考えられませんか?
最近読んだ新聞にあった例と、書かれている症状が
よく似ています。

投稿日時 - 2005-03-13 00:45:08

補足

若年性健忘症・・・・

なんだか怖そうですね。
調べると・・本が出版されているみたいです。

一寸読んでみます。

ありがとうございます。

投稿日時 - 2005-03-13 21:45:20

ANo.9

他の方が解答されているように、会話を録音するのは最後の保険としての使い方だけにした方が良いです。

話の内容がどの様なものかが、実際聞いたわけではないので何ともいえませんが。

まず、事前に聞きたい内容を箇条書きにして纏めておく。行き当たりばったりの質問ですと聞きたいことを漏らします。事前に書いておいた所に顧客の解答をメモる様にすれば、聞き漏らしはありません。

メモする内容が単語だけになっていませんか。長時間の会話で単語だけのメモですと、YESかNOか等のどちらの意味で書いたのかが判らなくなります。
出来るだけ、箇条書きの文章でメモをとることをお奨めします。

たぶん打ち合わせをしたときに、一通りの会話をしてメモって・・・どうも有り難う御座いました。で単純に終了させていませんか?
最後にもう一度メモをみながら、打ち合わせの確認で間違いが無いかを行い、これで良かったかを聞いて間違いを正しておく必要があります。

聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥。

最初は、上手くメモを取れないと思いますが、慣れです。聞き逃す最大の原因が漢字を忘れて書けないためにメモがストップ、考えている瞬間人の話を聞き逃す事が多いのでは。自分のメモですからカタカナで書いて聞くことに集中した方がいいと思います。

打ち合わせの後帰路にでも、もう一度メモを見直し、話の内容を再確認。漢字の変換はそのあとで、ゆっくりと。

では、がんばってください。

投稿日時 - 2005-03-12 15:32:01

お礼

本当に皆さんからアドバイスいただきうれしく思います。
ありがとうございます。

録音は最終手段にしたいと思います。ツールもないですし。

>聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥。

そうですね。これはわかりませんが、私がとんちんかんな質問をすることで、会社自体の信頼が下がるようなことも心配しています。

でも、いいものを納品できればそれで全てOKになるのであれば、一時恥をかいても平気ですね。

前向きにがんばります。

皆さんの暖かいアドバイスで気づいた事が。

私はプレッシャーに弱いです。
責任のあるポジション。
ある意味、私がミスをすると、大変な事になるポジションにまだまだなれず、あせって、おちつきをなくして、動揺しているようです。

まずは、おちついて、深呼吸して臨みます。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-03-12 16:05:17

#1です。何度も回答してしまいすみません。

私も転職経験が数回あり、勤務していきなり重要な仕事を任されたことがあります。
周囲のメンバーと十分仲良くなっていない状態で、マネジメント、与えられて間もない業務の改善、新システムの導入をしなければならない羽目に陥り、辛い気持ちになりました。

「経験の無い仕事であれば多少のミスは当然ですし、慣れるまではみな仕事のスピードは遅くなります。」
溢れる業務をこなせなくて途方に暮れていた時、派遣さんで能力のある女性が、そういって励ましてくれました。

「波」を越えるまでが勝負だと考え、自分なりのやり方を確立して辛い時期を乗り切ってください。

投稿日時 - 2005-03-12 15:31:47

お礼

転職後、仕事を覚えるまでが必死だということはある程度は覚悟していました。

しかし、ポジションがプロジェクトに多大な影響を与えるということで、プレッシャーを感じているというのは正直あると思います。

波はいつまでつづくのか・・・わかりませんががんばります。

ありがとうございます。

投稿日時 - 2005-03-12 16:00:45

ANo.7

こんにちは。
同じような経験がありました。
そのときはしていなかったのですが、
していればなあ、というのに
やはりメモを取る、ということです。

今流行の3色ボールペンはいかがでしょうか。
あと、本当にお仕事に慣れるために他の事は目をつむって、
お仕事一本の生活にすることも必要だと思います。
余裕ができてお仕事の要領がつかめるようになれば
すべて楽になると思いますよ。
それからではないでしょうか。

わたしはICレコーダーとまあ似てはいるのですが、
クリエというものを使っています。
録音もできます。
最初はボイスレコーダー機能のある携帯でこっそり録音するところからでもいいのでは?

それを文章に起こす、というのではなく、
何が起こっっているのか、
何を指示されたのか、
何をすべきなのか、
何が求められているのか、

を後からでも把握するのには良いと思います。
周りが気になったり、
相手がいて緊張したりして、
聞いたりメモしているつもりでも
結果的に話半分、とか。
翌日録音聞いてみて「こんなこと言ってたっけ?」
っていうことは結構あると思います。
もちろん録音してるからいいや、ってことになってはダメですけどね。

せっかく入った会社、本領を発揮できるようにがんばってください。応援しています!

参考URL:http://www.sony.jp/CLIE/index_pc.html

投稿日時 - 2005-03-12 15:26:56

補足

問題は、話を記憶しきれない。
仕事をするためには、自分の記憶力や集中力を
問題にせずに、機械に頼るというのも解決方法の一つだと思います。解決策の1つとして検討させていただきます。

3色ボールペンでの記述を現場に導入してみます。

みなさん、本当にありがとうございます。

投稿日時 - 2005-03-12 15:56:44

ANo.6

こんな事をすると、ミーティング時の集中力が高まったり、その場はとりあえず必死でも後で効率的に処理が出来たりするかもしれません。

(1)顧客やパートナーと打ち合わせする際に議事録をとる。
(2)打ち合わせ後、出席者全員宛てで議事録を添付しメールを出し、内容を確認してもらう。

上記は会社や扱っているシステムに関わらず基本的に必要な作業です。
もし行われてないようでしたら、実行してみてください。今ご相談の問題がなくてもやるべき事です。

主な目的は、合意内容など相互の理解のズレを防ぐ事と後から客に文句をつけられないようにする事のリスク管理です。皆にとって仕事がしやすくなるはず。

またこれを行う事により、打ち合わせ時の緊張感が高まるでしょうし、必要な確認も済ませる事が出来ると思うので、お勧めします。

議事録は勿論その場で、PC持ち込んでカタカタ書くのがベストです。有意義である事を説明し周囲に納得してもらうのが良いでしょう。筆記でメモはきついと思います。周りが居心地の悪い思いをするようならば、プロジェクターで皆に書いているのが見えるようにしても良いかもしれません。

転職された会社で、このような事をする習慣がなければ、質問者さんが持ち込みましょう。最初は納得しない人がいたとしても、少なくとも質問者さんがその仕事を担当する以上は責任もってやらねばですから、そのためにもご自身の主張を通すべきだと思います。

また、

>気づくと営業になっていました。

とありますが、

>要件定義、使用決定、開発へ指示。

っていうのは明らかに営業ではなくてSEの仕事です。

又、ご質問文の限りでは、この業務とマネジメントの関連は見えません。こういった業務内容を担当する人=マネジメントをする人、ではありませんよ。

この業務内容で”SEではなく営業になってしまった””マネジメントの経験が・・・”と思われているのであれば、キャリアの方向性を再考し直す機会かもしれません。

いずれにせよ、とにかく何かきっかけが必要そうだと感じました。同じ業界に信頼できる人はいませんか?いれば相談してみるのも良いと思います。

※要件は要件でOK。使用は仕様が正しいです。
※ICレコーダは私はお勧めしません。
後から文字おこしするのに時間がかかるという物理的な問題もあるし、決して内容を理解して上手く纏めるのが容易になる訳ではありませんから。
方法のひとつとしては考えられますが、質問者さんの抱えているお悩みに対してはどうかと思います。

投稿日時 - 2005-03-12 15:12:44

補足

議事録作成はすぐにでも現場に導入してみます。
ありがとうございます。

>>要件定義、使用決定、開発へ指示。
>っていうのは明らかに営業ではなくてSEの仕事です。
スケジュールを引いたりしてますが・・・
私のやってる職種ってなんなんでしょか・・・?
ソリューション営業?はて・・?
まぁ、職種は問題ではないかもしれません。

要件を定義して、仕様を決定して、開発へ指示して、
テクニカルにより近い部分は現場のマネージャクラスの人が担当します。うん、これは営業ですね。多分。
しかし、ビジネススキルの基本をたたきなおされているような気がします。

漢字の誤りは以後きおつけます。

投稿日時 - 2005-03-12 15:52:17

ANo.5

胸ポケットにICレコーダーを仕込んでおき、後で何度も聞き返して重要な点を再確認されてはいかがでしょうか。慣れないうちは聞きなおすだけでもその場でメモを取る数倍の時間はかかりますがその内要領が分かってきます。後で思い出せないと言う事もありませんので、メモを一生懸命とる必要もありません。客との面談にも余裕を持って対応できるようになると思います。

用件をその場でまとめられないのは、話の内容、具体的には聞きなれない専門用語が多いためではないでしょうか。わからない言葉をすべて書き出して、先輩や上司に聞くなり、ネットで調べるなりしましょう。いまさら人には聞けないと思ってしまうと専門用語や業界の常識のハードルはいつになっても超えられません。

重要な用件を聞き漏らすのも、あなたが重要だと認識されていないからだと思います。システムの開発などの場合、確認が必要な項目はある程度決まっていると思います。項目と内容を一覧で書き込める表を作成して確認漏れが無いか自分でチェックできるようにしてはどうでしょうか。もしかしたら開発に渡す時の注文書のフォームがあるかもしれません。それを活用するのも手です。
開発する人がどのような情報を欲しがっているかをまとめてそれを埋めるようにする方法もあります。

あなたが手本としている先輩や上司がいるなら、どのようなメモを取っているか、どのような報告書で指示をしているかを見せてもらうのも参考になると思います。

誰でもどんな仕事でも(特に営業は)自分が適任だと自信満々で仕事しているわけではありません。常に不安や後悔や自分は本当にこの仕事が合っているのかといった疑問を抱えながらそれでも頑張っているんだと思います。今日も出勤ですか。ご苦労様です。頑張ってればちゃんと見ている人もいます。その内、苦労も報われると思います。やれる事はとにかく何でもやってみてはいかがですか。

投稿日時 - 2005-03-12 14:57:00

補足

そうですね・・・。
>項目と内容を一覧で書き込める表を作成して確認漏れが
>無いか自分でチェックできるようにしてはどうでしょう
>か。もしかしたら開発に渡す時の注文書のフォームがあ
>るかもしれません。それを活用するのも手です。
>開発する人がどのような情報を欲しがっているかをまと
>めてそれを埋めるようにする方法もあります。

そうですね・・・仕事のスタイルは自分でつくらないとだめですね。うん。ありがとうございます。

>頑張ってればちゃんと見ている人もいます。
>その内、苦労も報われると思います。やれる事はとに
>かく何でもやってみてはいかがですか。

やれる事は何でもやってみる精神でがんばります。

投稿日時 - 2005-03-12 15:45:01

ANo.4

もし以前はそんなことはなかったというなら、一度こころの病気チェック(参考URLからどうぞ)をしてみたらいかがでしょうか。
あなたの質問で書かれた内容だけで判断すると、極めて「うつ状態」に近い感じがします。私にも身に覚えがあります。脳内の伝達物質が減るとやる気や判断力が低下し、あなたの訴える症状を起こすことがあります。
すぐに病気と決め付けるのもよくないので、ちょっとしたコツをお教えします。「電話や会話は右耳で聴くようにするとよい」といいます。右耳は言語をつかさどる左脳に直結されているからです。

参考URL:http://www.utu-net.com/self/index.html

投稿日時 - 2005-03-12 14:55:26

お礼

>ちょっとしたコツをお教えします。「電話や会話は右耳で聴くようにするとよい」といいます。右耳は言語をつかさどる左脳に直結されているからです。

実践します。やってみます。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2005-03-12 15:44:09

ANo.3

レコーダを使うなら、mp3で録音できるものにすると、高速再生できるプレーヤがフリーでもいろいろあるので、便利です。私は5倍速くらいで聞き返してました。

>打ち合わせの際に、要件をききもらしてしまったり、きちんと記憶してこれないのです。
>必死にメモしても気づくと・・・メモを読んでも思い出せない・・。

記憶に関する病気の可能性はおいておくとして…
「ききもらす」ってのはどういうことでしょう?
技術営業であれば、こちらから聞くべき要件はあらかじめ用意していくはずですよね?

投稿日時 - 2005-03-12 14:42:19

ANo.2

がんばれーっ!て、言いたいですね。
会社が変わったばかりなら、気持ちも落ち着いてないし、まわりの人も気心知れてないし、なかなか注意力が集中できず、相手の言ってることが理解できず、以前からいる上司などは「はよう仕事覚ええよ」「何べんもおんなじこと聞くな」とか思ったりするものです。(その上司自身も忙しいから)
今の会社、入社してどれくらいたつの?
前の会社は、どれくらいの期間いたの?
やっぱり同じ会社に長くいればいるほど、その会社の中の雰囲気も深くわかってくるし、顧客の言いたいことも的確に把握できるようになるし、こんなことは誰に相談すればいいか、わかってくるし...
じっと、我慢して、がんばって、そして時間の経過が、あなた自身を成長させ、問題を解決しますよ。
「ここでがんばってみようと心は前向き」、その気持ち、大事にして、がんばれー。
「必死にメモしてる」ということですが、それもとってもいいことだと思います。私も、記憶力悪いので、いつもズボンの後ろポケットに手帳をつっこんでいて、何か言われたらメモするようにしています。
やめたらだめですよ! がんばれ!

(蛇足ですが、漢字のまちがいが気になります。
要件→用件?
使用決定→仕様決定?)

投稿日時 - 2005-03-12 14:37:01

補足

ありがとうございます。

やめません!
ものになるまでやめません!
クビになるんじゃないかと心配ですが・・。
会社の先輩はモチベーションを無くさない限りクビはないといってくれてはいますが・・・。

漢字の間違いは注意力が散漫だからでしょう・・・
>今の会社、入社してどれくらいたつの?
3ヶ月にまだなっていないくらいです。
1ヶ月目は研修で本社へ。開発現場にてヒィヒィ。
2ヶ月目は顧客先につれまわされ。おこられまくり。

投稿日時 - 2005-03-12 15:41:58

いい手段とは言い難いですが、ICレコーダーを購入して、打ち合わせの際の音声を録音するのはいかがですか。

私は、会議の議事録を書くことが良く有り、レコーダーを再生して会議の内容をまとめていました。

ただし、音声から文字に起こすのは結構手間で、時間としては2倍ほど取られます。

聞き逃した、忘れてしまったという点を、レコーダーから再生して確認すると言った使い方なら、十分にこの製品の能力を発揮できることと思います。

参考URL:http://www.sony.jp/products/ic-recorder/ic/index.html

投稿日時 - 2005-03-12 14:32:14

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-