こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

バトミントンのスマッシュで時速300キロ?

バトミントンのスマッシュは時速300キロといわれています。
しかし本当にそうでしょうか?
何をもって時速300キロといっているのでしょうか。
試合をみていても球はスローにしか見えず、ほとんどの球が相手に打ち返されています。
テニスや野球の方がよっぽど速いです。

投稿日時 - 2005-02-19 18:56:56

QNo.1227055

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

それは最大初速度のことです。
バドミントンの羽は空気抵抗が大きく軽いため、初速度が300キロだとしてもすぐに減速してしまいます。
テニスの場合、ボールが球形であり空気抵抗が少ないこととバドの羽に比べて重いことから初速度から減速するまでの時間がかかります。
これらのことからバドのほうが遅く感じます。

投稿日時 - 2005-02-19 19:04:49

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

17人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(6)

ANo.6

初速時速300~350キロと言うことです。
実際手元に来る頃には60~80キロに減速しています。

>球はスローにしか見えず
 ほとんどの球が相手に打ち返されています。

テレビで、ハイレベルな人たちがやってるからですからです。
間近で見るとはっきり言って見えません。国体クラスだと、見えなくて、ラインズマンしてたときインかアウトかわからない事がありました。
特にレベルが上がると尋常でない速さで、体が動くことすら出来ないです。
インターハイクラスの人とやったことありますが、それでも返すのが精一杯でした。

>テニスや野球の方がよっぽど速いです

プロ野球選手やプロテニスプレーヤーでも、初速300のスマッシュにラケットを当てることすらできないでしょう。

投稿日時 - 2005-02-20 03:59:08

ANo.5

コルクの台に水鳥の羽根を植え込んだシャトルは、インパクトの直後、その衝撃で羽根の部分がつぶれたまま飛び出します。この時、空気抵抗が非常に少ない状態にあります。トッププーヤーが放つスマッシュの初速は、時速300km近くに達すると言われています。この速度は、あらゆる球技の中でも最速と言われています。
その後、つぶれていた羽根は復元し、一気に空気抵抗が増えて減速、重心があるコルクの部分を下にして落下しようとします。このため、相手コートの中央を過ぎる頃には時速は0km近くになるためにレシーブすることができるのです(プレーヤーはコートの対角線を3歩で移動できるせいもあるけど)。

投稿日時 - 2005-02-19 20:38:51

ANo.4

元インターハイの女子選手が友人にいます。
身長が148cmの彼女の繰り出すスマッシュで
240~260km/hだそうです。

ラケットのガットにヒットして数メートルの一瞬の
最大時速だそうですが
お互いの距離が4メートルくらいしかない中で
平均時速で100km/h超えていたら見えないと思います。

テレビ等、映像は残像時間が長いし、カメラも遠くから
撮影してますよね。

カーレースもテレビで見ると実測の1/3くらいのスピード感にしか見えないのと似ています。

競馬だってゴール前は80km/hくらいですよ。

投稿日時 - 2005-02-19 19:11:07

ANo.3

>何をもって時速300キロといっているのでしょうか。

打った瞬間。シャトルは空気抵抗が大きいので、相手に届くときには
かなり速度が落ちています。

投稿日時 - 2005-02-19 19:05:02

ANo.1

「初速」、ようは「打った瞬間」そのスピードがでているそうです。
しかし、バトミントンのシャトルは「ものすごい空気抵抗が大きい」ため、相手側が受けるときには「100Kmまで落ちている」そうです。(なので遅く見える)。

投稿日時 - 2005-02-19 19:02:24

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-