こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

大好きなものが大嫌いに?3歳

ここ数日、子どもがNHKが好きで自分が見ていない番組
でも、NHKにしてと言われます。
英会話とか見ている訳ではないけど、つけていて欲しい
ようです。
昼寝して起きてTVが(NHK)消えてると泣きます。

今日、以前から大好きなアンパンマンのアニメがやるので
つけてあげたら、怒って泣いてやっぱりNHKにしてと
言われました。

もう2年程アンパンマン大好きっこで、玩具も沢山
あります。「アンパンマン嫌い!!」の言葉にショックを
受けました。昨日まで、アンパンマン好きだったんです。
アンパンマンも卒業かと思い、「じゃあ、アンパンマンの
玩具しまちゃうからね。」と言うと可愛がって
「アンパンマン嫌いない!好き」と言ってまた遊んでいました。

3歳児って複雑だなと思いつつ、いつまでも赤ちゃん
みたいだなと思っていたのに、これも成長なのかな?と
思いました。
他に好きなキャラクターが出来たら、卒業して他の
キャラクターにいくのかな?と思っていたのですが
今まで、キティちゃんもドラえもんもハムちゃんも
アンパンマンも好きで、(中では、飛びぬけてアンパンマンが
好きでした。)特に嫌いってものもなかったので
ちょっとビックリしてしまいました。

大好きな物が急に嫌いになったりするものですか?
教えて下さい。宜しくお願いします。

投稿日時 - 2005-02-18 16:09:34

QNo.1225128

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

たぶん子供のマイブーム(古い?)が今NHKで、(ある意味時代の波に乗ってますね。)アンパンマンがNHKに負けたんだと思います。
私の子も3歳ですが、英会話とか、スペイン講座、高校講座など、意味なく見せられます。
てれびがNHKだとそれだけで良いんです。内容なんか関係ないんです。
嫌いって言ったのも本心じゃないと思いますし、よくある事ですよ。
私の子供なんて、女の子なのに見るマンガが○○○マンとか、仮面ライダーとかマジレンジャーとか、こっちがおいおい、って思うものが好きで、将来不安です。(笑
ご飯の時も1さんが言っているような状況(見てたの?と思うぐらい同じ状況です。)で、ご飯食べる食べないで毎日もめます。
はなしがそれましたが、きっと急に嫌いになったんじゃなくて、今はNHKの方が大事なんですよ。1番好きなものもコロコロ変わるんです。
同じ歳の子を持つもの同士がんばりましょうね。

投稿日時 - 2005-02-18 17:00:36

お礼

そうですね!きっとマイブームがNHKでNHKが、
1番大事なんですよね。
毎日アンパンマンと言っているので、好きなんだと
思っていましたが、ずっとアンパンマンが1番だと
思っているのは、親の方だけなのかもしれません(^^ゞ
ちなみに私も、マイブームと言う言葉を日常で普通に
使っています(笑)

>(ある意味時代の波に乗ってますね。)
この言葉に吹き出してしまい悩みもふっとんで良かったです。
そう言えば、よくよく思い出してみると今朝「おかあさんといっしょ」を
見ていたのですが、娘の好きなミッフィーがやらなかったので、
寂しそうに「ミッフィーは?」と言っていました。
アンパンマンの時間になったので私がチャンネルを替えたので
娘は、NHKにしてるとミッフィーがやると思っていたらしく
泣いて怒ったのかな?と思います。

うちの娘は、戦隊ものやトーマスを恐がっていました。
ホント恐がりなんですよね~(^^ゞ
私は、子どもの頃、戦隊物好きでしたよ。
日曜の朝よく見ていました。敵が結構笑えて変身ポーズとか
かっこ良くてすきでした。○○マンで思い出すのは、
キン肉マンも好きでしたよ。

やっぱり本心ではなかったようで、またアンパンマンの
人形のお世話をせっせとやっていました。

子どもって面白いですよね。
いつまでも赤ちゃんみたいに思っていたのに、成長が
実感出来た1日でした。
お互い子育てがんばりましょうね☆
ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-02-18 18:50:09

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

幼児期におとずれる反抗期に入ったのだと思います。

人間には成長の過程で、反抗期を2回経験することになります。そのうち一回は中学生ごろから起こる、第二次性長期の反抗期なのですが、もう一つの反抗期は幼児期に訪れます。私自身も質問者さんもおそらく体験したのでしょうが、小さい頃のことなのでもちろん記憶にはありません。

この『幼児期の反抗期』は、第二次性徴期のそれとは違い、親(周囲?)の言うことを全て否定する特徴があります。「ごはん食べる?」と聞くと「食べない」と言うし、「そう?じゃあ片付けるね」というと「いや、やっぱり食べる」となるわけです。
たしかそれが、3歳児のころに起こるんだったと思いますが…

第二次性徴期の反抗期は、都合が良いときだけ反抗するなど自分の判断がある程度入ってくる(例えば、いくら反抗期だからって、ゴハン出されるのに反抗して食べない…ってことは、まずないということです)と思うのですが、この幼児期の反抗期にはそれがないです。反射的といってもいいぐらい、とにかく何にでも反抗します。
たしか自我の確立だったか何だったかのために必然的に起こる作用だったと思うのですが、おそらく本能的な反抗なのでしょうね。

ですから、tamahiyo1さんのお子さんも、おそらくその幼児期の反抗期の最中なんだと思います。いずれ普通の状態に戻りますし、言うことを聞かせたかったら、してほしいのと逆のことを言えばいいわけです。
「反対の反対は賛成」とでもいいましょうか、自分の家庭科の教師は寝かしつけたいときに「まだ起きてる?」と聞くようにしていたそうです。

投稿日時 - 2005-02-18 16:30:26

お礼

もう終わったと思っていたのですが、また反抗期が
来たのかもしれませんね(^^ゞ

2歳位から3歳前まで、遊びから帰るのに暴れたり
してましたが、ここ数ケ月は、素直になっていたのですが
子どもって面白いですね。

反抗期は、大事な時期ですし、成長の一貫ですものね。
温かく見守って行こうと思います。
>「反対の反対は賛成」これは、使ってみようと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-02-18 18:20:37

あなたにオススメの質問