こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

確定申告B:株の特定口座と源泉徴収

証券会社から届いた特定口座年間取引報告書では、源泉税収税額として利益の7%(所得税)が計上されていて、これを申告書Bの第二表に記入するようになっています。しかし、実際に源泉徴収されているのは10%です。住民税分の3%は欄外に記載されているだけで、第二表に記入できないようになっているのは何故でしょうか。

投稿日時 - 2005-02-12 16:55:03

QNo.1215125

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

まず、確定申告で国税の額が決まります。
そして次にその申告書で地方税の額が決まります。

というわけで、申告書は国税に対してだけの物なので
源泉徴収額も国税の分だけを記入するようになっています。

地方税は.....
国税の時の報告書がそのまま廻りますから、
3%の源泉徴収があったものとして扱われる、
言い換えれば計算後の地方税から
その3%の源泉分を引いた金額が
徴収されるようになります。

投稿日時 - 2005-02-12 17:01:26

お礼

なるほど、よく分かりました。
本件、取引をしている証券会社に聞いたのですが、「規則でそうなっているから」という極く事務的な返事しかきませんでした。ちなみにこの証券会社はネット証券のNB社です。

投稿日時 - 2005-02-12 19:12:49

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.3

株式譲渡益の源泉税10%は所得税が7%で、住民税分が3%なのです。

したがって、7%は所得税のとろで、3%は住民税で申告をすることとなります。

確定申告書の住民税に関する事項の欄の「株式等譲渡所得割額控除額」の欄に3%分を記入します。

確定申告書の一部は、税務署から市に送附されますから、それで大丈夫です。

投稿日時 - 2005-02-12 18:56:10

ANo.2

所得税は国税で管轄が税務署。
住民税は地方税で管轄は各市町村です。

確定申告は所得税(国税)に対して行うものです。
但し、確定申告をした結果は各市町村に連絡が行きますから
所得税の確定申告だけで住民税の申告をしなくて良いシステムに
なっているからです。

投稿日時 - 2005-02-12 17:03:36

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-02-12 19:13:34

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-