こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

I.I(イメージインテンシファイア、蛍光輝度増倍管)について

X線撮影で、I.I.を拡大モード(小視野)にしたとき、被ばく線量が増大する理由を教えてください。お願いします。

投稿日時 - 2004-11-04 18:06:40

QNo.1069859

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

I.I.についてはあまり詳しくないのですが、一般的に照射野を小さくすると、被ばく線量(当然この線量は直接線のあたる皮膚線量や深部線量であって、積分線量のことではありません。)はご質問の通り多くなるとされています。
私がこの点の理由として理解しているのは次ですが、自分自身でこれが100%正しいかは確信していませんので、そこを差し引いてお読みください。
照射野を小さくしてしまうと、散乱線が減少します。これはいいことなのですが、それによっていわゆるバックグランドの線量(本来はノイズと処理されるものですが)が減少することによって、基地濃度が減少します。
その結果濃度不足になったように(実際は充分なコントラストはあるのですが)なるので、撮影者は(あるいは装置の自動線量調節機構で)線量を増加させるという理屈らしいです。

投稿日時 - 2004-11-04 19:25:58

お礼

なかなか難しい理屈ですね・・ありがとうございました。

投稿日時 - 2004-11-09 18:02:35

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-