こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

パソコンの減価償却について

個人事業主の者です。
耐用年数4年で減価償却しているパソコンを使用しておりますが、開業前に購入したパソコンですので、スペック等、いまいちです。償却期間は、残り2年です。
仕事に支障が出てきていますので、そろそろ新しいパソコンの購入を考えているところです。
そこで、今、新たにパソコンを購入した場合、古いパソコンの減価償却期間が残っていても、2004年度の確定申告から新しいパソコンの減価償却可能でしょうか?その場合、両方のパソコンの減価償却は可能なのでしょうか?
よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2004-10-10 19:12:15

QNo.1036487

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>両方のパソコンの減価償却は可能なのでしょうか…

使用しなくなったものを、そのまま減価償却し続けるのは無理です。
と言うより、減価償却資産を償却終了前に処分する場合は、残存価格をすべて「除却損」として、処分した年の経費にできます。処分するのに費用が掛かった場合は、その費用も経費になります。
逆に売却した場合は、「雑収入」にでも計上し、「収入」の一部に含めておくことが必要です。

投稿日時 - 2004-10-10 19:53:32

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(4)

ANo.4

#3です。
質問者さんは、そのまま減価償却し続けけることをお望みなのですか。もしそうなら、処分しないで事務所の片隅にでも置いておけばよいと思います。
もちろん、ほこりを被らせておくのでなく、1日に 1回とか、週に 1回とかだけでも稼働させれば理想です。
表向きに、新しいパソコンと 2台使用しているような実績を残しておけば、ご質問のとおり 2台分の減価償却ができます。

いずれにしても、あと 2年減価償却を続けるのと、一括して除却損にしてしまうのとで、どちらが得策か、一度算盤をはじいてみてください。

投稿日時 - 2004-10-10 21:05:12

ANo.2

原価償却は、月単位で計算する事ができます。
事業で必要なら何台でも購入して原価消却は可能です。

もし、古いパソコンを処分し、残存価以下で処分すれば差額を「消却差損(損金)」、高値で売れれば「消却差益」で処理できます。

投稿日時 - 2004-10-10 19:25:55

ANo.1

可能だと思いますが・・・・。
(入れ替えじゃなければ)

投稿日時 - 2004-10-10 19:15:06

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-