こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

お勧めのサスペンス・ホラー映画☆

サスペンス・ミステリー・ホラーが好きで今まで結構見てきましたが、私が知らない映画はまだまだたくさんあるし詳しい方もいっぱいいらっしゃると思うので、ぜひお勧めの作品を教えてください(^^)

投稿日時 - 2004-09-28 03:04:38

QNo.1019675

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

こんにちわ、jixyoji-ですσ(^^)。

s-thavasaさんはご存じないかもしれませんが最近【オンラインDVDレンタル】という入会金\1,000-程度,月額\2,000-程度でDVDが借り放題のサービスがあります。全て郵送で受け取りを行い(切手代不要)で新作旧作問わず延滞料金なし,全国どこでも利用可能でPCとインターネットのみで入会手続き&退会手続き可能です。最安値のところは\1,974-(税込み)で利用できます。いちいちお店に借りたものを返しに行く煩わしさ,延滞料金を気にせず映画を見まくれます。下記HPをご覧ください。

「オンラインDVDレンタル徹底比較@R」
http://www.rental-dvd.net/

下記映画サイトは既にレンタルリリース作品の映画検索には非常に役立ちます。

「キネマの見地」
http://www.fayreal.com/fayreal/cinema/

映画ではありませんが下記海外ドラマは日本で大ブームを起こしているサスペンス・アクションです。関東圏内で毎日3話ずつ2週間放送して深夜の平均視聴率を大幅にあげた大人気作品です。既にSeason2もレンタルを開始しており超お奨めします。アメリカではSeason3まで放映され既にSeason4が政策決定し来年頭からアメリカで放送される予定です。恐らく次が気になって寝ないで見てしまうかもしれません。

●「24 TWENTY FOUR」
http://www.so-net.ne.jp/24/

それとSeason2は今年の10月に又フジTVで深夜枠で2週間ほぼ毎日放送しますね。

「「「24」シーズンII、フジで10月の深夜帯に連続放送」」
http://www.sanspo.com/geino/top/gt200408/gt2004082303.html

ちなみに8月21日~22日に何と最新のSeason3をお台場メディアージュで1日で放映しました。

「■「24-TWENTY FOUR- シーズンIII」」
http://www.fujitv.co.jp/bouken/movie_main.html

それと最新作【24 Twenty Four Season3】が11月3日からレンタルを開始します。下記をご覧ください。

「TSUTAYA online / 24 Twenty Four」
http://www.tsutaya.co.jp/sp/24/

サイコ系,サスペンス系でお勧めは下記などが当てはまりますかね?

●『セブン』
http://www.tsutaya.co.jp/item/movie/view_v.zhtml?pdid=10001307
1995年 アメリカ(1995年 日本公開)
監督:デビット・フィンチャー
主演:ブラット・ピット モーガン・フリーマン ケビン・スペイシー

あまりに有名すぎて説明不要かもしれません。ブラット・ピットファンは必ずこの作品を登竜門として見ているでしょうし、最後に確実にブルーになります(笑)。かく言う私はこの映画のストーリー性&俳優と同時に映像美を推したいですね。色々映画を見ましたがこの映画の映像の色彩のコントラストが非常に印象強く、今でも引き込まれます。またサスペンス映画にはまったきっかけがこの映画でした。
ちなみにデビット・フィンチャー作品の『ゲーム』も好きな映画ですね。

●『ユージュアル・サスペクツ』
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD10572/
1995年 アメリカ(1996年 日本公開)
監督:ブライアン・シンガー
主演:ケビン・スペイシー(代表作 セブン) ベニチオ・デル・トロ(代表作 トラフィック)

俳優人は知る人ぞ知る人達ばかりですがこの映画は最後に必ず"してやられた!"と思う事でしょう。どんなに有名な俳優を使っても脚本が駄目だと映画は評価は上がりません。この映画に出演している俳優は映画をある程度見ている人でないと知らない人が多いですが,脚本で素晴らしい作品になっている良い例ですね。最初から気を抜かず一つ一つの仕草,シーンをしっかり見る事を奨めます。

●『ロストハイウェイ』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005V2MG/249-7067754-6153107
1996年 アメリカ(1997年 日本公開)
監督:デビッド・リンチ
主演:ビル・プルマン(代表作 インデペンデス・デイ) パトリシア・アークェット

鬼才デビット・リンチ監督が描くお家芸の【パラレル・ワールド】ですね(^_^;)。この監督の作品(ツイン・ピークス,マルホランド・ドライブなど)は本当に【見る人間によって解釈の違う】作品ばかりで,映画なれしている人には何度も見たくなる作品ではないでしょうか?間違いなくインターネット上の解説HPを見て『あ~なるほど(゜o゜)』,『あれはそう解釈すればよいのか(+_+)。』といった感じで納得していただくしかないですね(*_*)。最低2回以上は見ないと骨格すら見えないでしょう。

●『真実の行方』
http://www.sankei.co.jp/mov/yodogawa/961008ydg.html
1996年 アメリカ(1997年 日本公開)
監督:グレゴリー・ホブリット
主演:リチャード・ギア(代表作 ジャッカル) エドワード・ノートン(代表作 ファイトクラブ スコア)

若手ホープのエドワード・ノートンの出世作品です。『スコア』でも名優ロバート・デニーロやマーロン・ブランド相手に互角の演技を見せてるだけあって、この人『真実の行方』でもその実力を遺憾なく発揮しています。この演技の凄さはこの映画を最後まで見ればわかります。ちなみにエドワード・ノートンはこの映画がハイウッドの初陣という事がとても信じられません。やはり舞台俳優としての下積みがここまでの演技を可能にしているのでしょう。

●『ゲーム』
http://www.tsutaya.co.jp/item/movie/ve_ks00000001.zhtml?pdid=10001510&srkbn=S
1997年 アメリカ(1998年 日本公開)
監督:デビット・フィンチャー
主演:マイケル・ダグラス(代表作 トラフィック) ショーン・ペン(代表作 デッドマン・ウォーキング)

『セブン』のデビット・フィンチャー監督が趣向の違うサスペンスムービーとしてだした異色作です。現実と空想の世界が入り混じりこれは果たして文字通り『ゲーム』なのか?
フィンチャーワールドは独特の映像美にも注目です。

●【CURE(1997)】
http://movie.goo.ne.jp/dvd/detail/D110485654.html
1997年 日本公開
監督:黒沢清
主演:役所広司 萩原聖人

日本独自のホラー感覚,西洋の『驚かす怖さ』ではなく『体温が1度下がる』ような背筋が凍りつく怖さです。

●『CUBE』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0000DJWJE/ref=pd_sxp_elt_l1/249-7067754-6153107
1997年 カナダ(1998年 日本公開)
監督:ヴィンチェンゾ・ナタリ
主演:モーリス・ディーン・ウィント ニコール・デボアー

この映画も賛否両論分かれますね。不思議な空間に閉じ込められた6人が閉鎖空間の中どうなっていくかの人間描写,そのCUBEの謎,など結論が導き出せないかもしれません。ただ出演者はこの限定された空間で上手く人間描写を演じていたと思われます。

●『隣人は静かに笑う』
http://moviessearch.yahoo.co.jp/detail?ty=mv&id=84899
1998年 アメリカ(1999年 日本公開)
監督:マーク・ペリントン
主演:ジェフ・ブリッジス ティム・ロビンス(代表作 ミスティック・リバー) ジョーン・キューザック

本国アメリカであまりにも○○な為公開が延期になったか、あるいは公開禁止になった作品とTSUTAYAで宣伝されていました。現実でおそらくこの手の内容はあったであろうと思わざるを得ない作品です。もしこの映画が2001年以降であれば公開中止は間違いないですね。

●『カル』
http://www.nifty.com/kal/
1999年 韓国(2000年 日本公開)
監督:チャン・ユニョン
主演:ハン・ソッキュ(代表作 シュリ) シム・ウナ

はっきしいってこの『謎』が解けるでしょうか?100人見たら100通りの見解があり、最低5回くらい見ないとまず全貌が見えません。私が最もはまった作品です。個人的にこの映画の根幹にあるのは名作タイタニックを超える『(屈折した)愛』ではないかと思います。

●『メメント』
http://www.unzip.jp/special/memento/
2000年 アメリカ(2000年 日本公開)
監督:クリストファー・ノーラン(代表作 インソムニア)
主演:ガイ・ピアース(代表作 LAコンフィデンシャル)
キャリー=アン・モス(代表作 マトリックス)

10分で記憶がなくなる主人公が愛妻を殺した犯人を追い詰めていくサスペンスムービーですが,時系列をうまくいじって謎が謎を呼ぶ今までの趣向とは違う映画で気に入りました。まず1回では何が何で誰が誰なのかがさっぱりわからない事でしょう。
もしDVDデッキなどをお持ちでしたらDVD版にある時系列を正確につないだもので見ると理解が深まります。DVDをお持ちでない方はこの映画を理解するのにかなり苦労されるか,あるいは諦めますね。ユージュアル・サスペクツを楽しめた人にはかなりの確率でこの映画も楽しめるのではないでしょうか?

●『マルホランド・ドライブ』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000063UPM/249-7067754-6153107
2001年 アメリカ・フランス合作(2001年 日本公開)
監督:デイヴィッド・リンチ(代表作 ツイン・ピークス)
主演:ナオミ・ワッツ(代表作 リング) ローラ・エレナ・ハリング(代表作 ジョンQ最後の決断)

実在するハリウッドへの山道【マルホランド・ドライブ】での1つの交通事故がきっかけに起こる,現実と非現実(妄想?)が交錯するパラレル・ワールドを非常にエロティック且つスタイリッシュに描いた作品です。一つ一つの脈絡の無いシーンを見ていると最後に【んん?】,【え???】といった感覚が何度と無く疑問符が頭の中を駆け巡り突き詰めると非常に考えさせられる作品で,まず1回見ただけではわけがわからないでしょう。構成的に『メメント』に作り方が近からず,遠からずといった作品ですね。
ナオミ・ワッツがスターダムに駆け上がった作品で1人2役で明朗快活さと非常に妖艶な演技使い分けており,ローラ・エレナ・ハリング共にすごい女優だ,と思わされます。

●『ライフ・オブ・デビッド・ゲイル』
http://www.uipjapan.com/davidgale/top.htm
2003年 アメリカ(2003年 日本公開)
監督:アラン・パーカー
出演:ケビン・スペイシー ケイト・ウィンスレット(代表作 タイタニック) ローラ・リニー(代表作 真実の行方)

セブン,ユージュアル・サスペクツなど最早この男の出る映画に『真実』の2文字はあるのか?という名俳優ケビン・スペイシー!今作品もやってくれました。今年の7月公開だったのですが日本ではちょうど『踊る大捜査線The Movie 2』や『ターミネーター3』ともろに公開時期がかぶって,埋もれたのですが完全に観客は仕組まれた"何か"に右往左往するのではないでしょうか?

●『インファナル・アフェア』
http://www.infernal.jp/
2001年 香港(2003年 日本公開)
監督:アンドリュー・ラウ
出演:トニー・レオン アンディ・ラウ

ハリウッド史上最高額でリメイク化決定した香港映画史上のみならず,2003年度日本で公開した映画で最高の映画だと言っても過言ではありません。香港映画でここまでのものを作り出せるとなると日本映画は益々立場ないですね。黒澤明亡き後北野たけしくらいでしょうか,日本映画で世界的に有名なのは?2004年2月18日にレンタルが開始されました。

ちなみに2004年9月18日から第2作目が公開予定で香港では既に第3作までDVD化されて発売しています。

「Infernal Affairs I,II,III 」
http://global.yesasia.com/jp/PrdDept.aspx/pid-1003161240/aid-9/section-videos/code-c/version-all/did-106/

●『閉ざされた森』
http://www.tozasareta.com/
2003年 アメリカ(2003年 日本公開)
監督:ジョン・マクティアナン
主演:サミュエル・L・ジャクソン ジョン・トラボルタ

往年の黒沢映画『羅生門』を彷彿とさせるような内容である森林地帯でアメリカの特殊部隊が訓練中に仲間,教官を含め2人を残して全員死亡。2人の生き残りを問い詰めつつも全く違う証言内容。はたしてどちらが正しい事を言っているのか?一体何が森林地帯で起こったのか?そして真実とは??

●『殺人の追憶』
http://www.cqn.co.jp/mom/
2003年 韓国(2004年3月27日から日本全国で公開中)
監督:ポン・ジュノ
主演:ソン・ガンホ(代表作シュリ,JSA) キム・サンギョン

「韓国大鐘賞:「殺人の追憶」が4冠」
http://www.mp3-hollywood.com/wire/2003/daejong.shtml

昨年度韓国でNo.1興行収入を記録(累計約560万人)し,またもや日本で韓国映画のすごさを見せ付けてくれました。実際に1986年からソウル近郊で連続して起きたレイプ殺人事件を題材に2人の刑事が犯人の掴めぬ実態を追い詰めるサイコスリラー。サイコサスペンスと思いきや根幹にあるのは2人の相反する刑事の苦悩,そして協調という人間ドラマを描いています。ハリウッドにあるような巨額な制作費&CGてんこ盛りのイケイケドンドン映画とは一線を隔し,いかに中身と役者の演技が映画で軸をしめるのかがわかると思います。

それではより良い映画環境である事をm(._.)m。

投稿日時 - 2004-09-28 10:21:05

お礼

ほんとに詳しく回答してくださってうれしいです☆オンラインDVDレンタルは初めて聞きました!!そんなサービスがあるんですね~パソコンとかにあんまり詳しくないのでほんと便利な世の中だなって思ってしまいます・・・(^^;
私はレンタルビデオ店でバイトしてるので借りて返すのがわずらわしくないというのは利点かもしれませんね☆
24はすごい人気ですよね!けどテレビで少ししか見たことないんですよね・・借りて見ようとは何回も思ってるんですけどね☆
jixyojiさんがお勧めとして出している中で、「CURE]「ロストハイウェイ」「カル」「インファナル・・」「殺人の追憶」以外は見ました☆どれもほんといい映画ですよね!私は韓国映画をあんまり見てないみたいですね・・挑戦してみまーす。
「ゲーム」「ライフ・オブ・・」「ユージュアル・サスペクツ」はとくに好きな映画かもしれません☆最後にびっくりさせられる映画は最高ですね!
作品の内容まで書いてくれてjixyojiさんには感謝2です!

投稿日時 - 2004-09-29 03:37:58

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

みなさま色々紹介されていらっしゃるので
まだ出ていない作品から
もうご覧になっているかもしれませんが
「28日後」
目覚めたときは別世界?

「π」
かなり頭を使いました(汗)
数学好きな方にはお薦めだと思います。

「SET IT OFF」
強盗の共犯と疑われ、銀行をクビになったフランキー。
人生に絶望した彼女は、同じ境遇の3人の仲間と銀行強盗を計画し、
まんまと成功。しかし運命の歯車は次第に狂い始め...。

「恐怖分子」
一見、何の接点もない3つの人間関係なのですが、1本の電話をきっかけに交錯し、やがて悪夢のような悲劇を巻き起こす。

「真夏の出来事」
ハーヴェイ・カイテル主演作です。
バカンスを過ごしに幼なじみの管理する小島へやってきた夫婦。そこに現れた昔の恋人が妻に言い寄るが、かわしたのもつかの間、なんと言い寄ってきた相手はは死んでいた! キャリアに傷がつくことを怖れ、死体を処分した夫。しかし殺人犯人は...?
お互いに疑いあっていくお話です。

投稿日時 - 2004-09-29 07:59:53

お礼

回答ありがとうございます!どれも私が見たことがない映画です☆
「28日後」は今度借りとうと思ってました~お勧めということなので絶対借ります☆
あらすじを読んだ感じでは「真夏の出来事」が一番気になります(^^)借りてみま~す!!

投稿日時 - 2004-09-29 11:13:57

今晩は
まだ挙がっていない作品で私のお勧めは・・・

「ジェイコブズ・ラダー」
多くを語れませんが、ティム・ロビンス演じるベトナム帰還兵の物語。
どんでん返し的なラストは物議を醸しています。

「薔薇の名前」
ショーン・コネリー主演の中世を舞台としたミステリー、
若き日のクリスチャン・スレイターも出演しています。

「アイデンティティー」
一軒のモーテルで起きた連続殺人の真犯人は?・・・
低予算ながら良くできたストーリーでラストのどんでん返しも秀逸!

以上既に御覧になってるかもしれませんが、
よければチェックしてみて下さい。

投稿日時 - 2004-09-29 04:47:05

お礼

回答ありがとうございます☆「アイデンティティー」は見ました!面白かったですよね(^^)
あとの二つは見たことがないので見ようと思って早速メモってます☆
いい情報ありがとうございました(^o^)

投稿日時 - 2004-09-29 11:03:46

ANo.4

「エンゼルハート」
1987年、米、監督:アラン・パーカー、
主演:ミッキー・ローク、ロバート・デ・ニーロ

1955年のニューヨーク、落ち目の私立探偵ハリー・エンゼルのところに、ルイス・サイファーと名乗る男が、契約不履行のまま行方不明にになった人気歌手ジョニー・フェイバリットを探すよう依頼してきた。少ない情報を頼りに捜索を続けるハリーだったが、行く先々で猟奇的な殺人事件が起こり、容疑者として追われる立場になってしまう。その背景に何か陰謀めいたものを感じたハリーは、やがて依頼人ルイスの正体と驚愕の事実を目の当たりにする。

原作本のあまりの不敬虔さから発禁のそしりを受けたり、映画化不可能と言われたが、当時まだ人気絶頂だったミッキー・ロークと、役者馬鹿ロバート・デニーロが夢の競演を果たした作品。
ラストシーンの、ミッキーとロバートの科白の掛け合いは、元々台本にな無く、ロバートがミッキーを挑発して仕掛けたアドリブに、ミッキーが応じてできた即興なんだとか。
最後に大どんでん返しがあるので、ネット上に流布している映画レビューの類は、読まずに観てください。

参考URL:http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD1198/comment.html

投稿日時 - 2004-09-28 22:24:23

お礼

回答ありがとうございます!!なんかすごく面白そうな映画ですね☆ストーリーを読んですごく惹かれました(^^)さっそく明日にでも借りてみたいと思います!!ほかの方のお勧めもみんなおもしろそうだし、質問してよかったなぁって感じです☆

投稿日時 - 2004-09-29 03:52:39

ANo.3

オードリー・ヘプバーン主演の「暗くなるまで待って」「シャレード」は秀逸だと思います。
既出の「閉ざされた森」も良いですね。ミステリファンなら是非観て欲しい。騙されます。
ジョニー・デップ主演の「スリーピー・ホロウ」はゴシックホラーと銘打ってますが、中身はちょっぴりミステリとファンタジー。
「ソード・フィッシュ」もちょっぴりミステリテイストで面白いかな・・・後半アクションが多いのが残念だけど。

投稿日時 - 2004-09-28 10:53:21

お礼

回答ありがとうございます☆昔の映画とかは全然見たことがないに等しいので見て見ます!
「閉ざされた森」私も見ました(^^)最後まで真相がわからないですよね!どんでん返しの映画って見ててほんと楽しいし大好きです☆
「スリーピー・ホロー」も面白かったですね。しかもジョニー・デップめちゃかっこいい!!と思いながら見てました(笑)
「ソード・フィッシュ」は見てないので見てみまーす☆

投稿日時 - 2004-09-29 03:46:22

ANo.1

ヒチコック作品

逃走迷路、引き裂かれたカーテン、知りすぎていた男、裏窓、疑惑の影、
北北西に進路をとれ、見知らぬ乗客、ダイヤルMを廻せ、断崖、
私は告白する、海外特派員、バルカン超特急、レベッカ、白い恐怖・・・・など

あと、イングリッド・バーグマンのガス燈、オードリーヘプバーンの
暗くなるまで待って、シャレード


以上、サスペンス、ミステリーのお勧めでした。

投稿日時 - 2004-09-28 06:25:36

お礼

回答ありがとうございます☆ヒッチコック作品は全然見たことがないので見てみようと思います!!「ダイヤルM」は見たことがあるので「ダイヤルMを廻せ」の方も借りて見て見ます(^^)

投稿日時 - 2004-09-29 03:15:09

あなたにオススメの質問