こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

子供の将来を悲観してしまいます

来年小学校です。
自分にとって小学校入学がXデーみたいなもので毎日カウントダウンされておかしくなりそうです。いやおかしくなってると思います。
子供は軽い低緊張があり、運動全般が普通より劣っています。手先も低緊張があるため不器用です。せめて頭だけはと思って2歳半より個別指導の塾に通いましたが、覚えが悪く塾では一番出来が悪いと思います。
精神的にも不安が強く幼いです。
0歳の時から、療育みたいなものに行きましたが、療育クラスに行くほど重度ではなく、一言でいえば『普通の子レベルの底辺にいる子供』。
いまは年齢的にもまだイジメなどありませんが、虐められるタイプなので将来を悲観してなりません。
入学前ですが、不登校になった時のことなど(山村留学など)を調べています。
自信をつけさせようにも、低緊張があり運動の習い事にいっても劣等感を植え付けるだけだと思います。かといって個人指導塾は高額で払えません。
勉強もダメ、運動もダメ、性格も不安が強く打たれ弱い・・自分も似たような感じで散々苦労し鬱病になりながらもなんとか今まで生きてきたので、これから子供に降り注ぐ困難を考えると将来を悲観してしまいます。
北朝鮮のミサイル危機の時、「これで人生終わらせることができる」と喜ぶ自分がいたことも事実です。
発達センターも軽度なのでこれといったフォロー無し、相談する場所がありません。
療育も重症の子が優先なので1ヵ月に1度。
民間の療育にも見学に行きましたが、軽度なのでお断りされました。
小学校入学までカウントダウンが始まっており、弱肉強食の世界へ子供を放り込まないといけません。
ライオンの群れにうさぎを放す気分です。

投稿日時 - 2018-05-17 15:34:38

QNo.9499328

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(12)

ANo.12

再び、No.2です。
>>なんというか障碍者のくくりではエリート?ですが普通のくくりでは底辺層なのです。

前提が違います。「得意」というのはその子の中の括りでよく、本人が「好き」であればいいのです。誰かより絶対に秀でる必要などありません。そして、「好き」を認めてあげることです。理解者がいることが大事です。
お母様にとって、お子さん自体が、他の子と比べて底辺層なのですか。唯一無二でしょう。

子を心配するのは親の性です。ただ、これはあくまで個人的な考えですが、いくら小さくても「子どもを守らなければ」なんて、親のエゴだと思います。
自立した意思を持ち始めた子たちは、いずれ学校という社会から、一人で揉まれな始めければいけないのです。私立小学校も一つの選択肢でしょう。しかし、根本的には解決しません。親は学校には一緒にいけません。本人が悩んだときに手助けくらいしかできないのです。
恐れながら、はっきり云いますが、子どものことで悩みすぎです。
子どもは子どもで楽しみます。楽しくないときは楽しくなさそうにします。その時にどうしたらいいか一緒に考える。そのお母様の行為が何よりお子さんの支えになります。それくらいではだめですか。

先日見たこの番組は非常に参考になりました。再放送があるかもしれませんので、是非ご覧になってみてください。

発達障害のある子に対応する、幼稚園・保育園の取り組み
https://www.sukusuku.com/contents/220455

投稿日時 - 2018-05-28 19:03:21

ANo.11

momoyan2様 こんにちは。

長い進路を視野にいれたアドバイスをさせていただきます。ご参考になれば幸いです。

万一ですが、高校の段階で特別支援学校といったコースをとることになるのであれば、通信制高校等に行かれるコースがお薦めできます。私が知っている限りでは、公的な特別支援学校は、残念ながら”預かり所”とも揶揄されるレベルのところが多いのが実情です。実際に、だれが見ても特別支援学級の判断が適切といったケースでも、普通学級で中学までがんばりとうし、通信制高校にいかれたお子さんを手がけた経験がございます(このお子さんはイジメは受けなかったので、ケイスバイケイスと言えるかもしれませんが)。

ここから逆算しますと、小学校は普通学級に行かれることがお薦めできます。特別支援学級から普通学級への転換は容易ではなく、逆に普通学級から特別支援学級に行くことは容易だからです。

普通学級に行った場合、心配されているイジメの問題も視野に入れておかなければならないわけですが、万一、イジメに遭った場合には、以下のような対策がお薦めできます。

・普通学級に在籍しておき、フリースクールで勉強させる。この形態をとっている子どもを何人も知っております。中学生でもこの形態で、フリースクールの出席日数を公立の中学校の出席日数に振り替えてもらい、出席日数の点で高校受験が不利にならないように配慮されています。市立のフリースクールもありますので、安価で利用できます。
万一、出席日数に問題が出た場合には、オープン入試のある高校を受験する。オープン入試では、当日の試験成績だけで、内申は全くみません。

・普通学級を早退して、放課後デイに通う。この形態をとっている子どもも何人も知っております。公的支援を受けている放課後デイもたくさんありますので、安価で活用することができます。

・普通学級に在籍して通級クラスに通う。これは公的に準備された柔軟なシステムです。このシステムは評価できます。

仮に国の教育研究所等には一線級の人材がいたとして、発達センターといった現場で直接関わる接点には、まず一線級の人材はいませんので、療育の効果はなかなかむずかしい位置づけにあると推定されます。1万人いれば1万通り、といった個々の傾向に対処することが、国から降りてきたマニュアル程度では容易ではないのです。国の予算や人材育成の経緯から、このことは確実に言えることです。すなわち、国は国民に自己責任を求めているというのが実体ですので、いかに現状で可能なシステムを活用して、賢明に進路をつくっていくか、ということが重要です。

まとめますと、小学校は普通学級にまず在籍されて、ここから臨機応変に対応策を選択されていかれることをお薦めいたします。

校長は一般論として事なかれ主義ですので、校長が直接特別支援級を薦めてきたら注意が必要です。選択権はご家族にありますので。

投稿日時 - 2018-05-21 22:29:44

お礼

専門家の方からの回答を頂きありがとうございます。
不登校になった場合はフリースクールという手もあると知り完全に道が絶たれるわけではないのですね。
Yahooニュースにもありましたが、少子化なのに不登校の子供が増えているそうで背景にはスクールカーストがあるとききます。
年長の今ですら、スクールカーストがあり早熟な子は上位、うちみたいな発達グレー?タイプは下層におり今まで対等だった友達からも下に見られ、歯向かうと「もう遊んであげないよ」と言われ従っているようです。注意しましたが精神的に幼いので遊んで欲しいから従うとのこと。

福祉についてですが、重度の障害を持ったお子さんがいる友人がおりますが、訪問看護やデイサービスなど手厚いサポートがありある意味福祉に守られていると思います。
うちみたいな発達グレータイプは、特別支援学級では浮いてしまいかといって普通学級では最下層におり居場所がありません。
療育でも軽度なので相手にしてもらえずで居場所がないの一言です。

今後の事を考えると頭が痛いです。

投稿日時 - 2018-05-24 14:04:57

ANo.10

悲観しない様に心掛けて。ねっ☆

我が子は軽度自閉児で成績は、普通より常に下です。
2歳から療育には通いました。
もう14歳になり、身体も大きくなりました。
今まで沢山の葛藤もありました、でも私より子供の方が
葛藤が沢山あるのに、強いな~って思いました。
「なんか今を物凄く楽しんでいる」です。・・・そんな姿を
見ていたら、私の悲観ってなんだろう?!って
ちっぽけなものに思えてきて、将来の不安は有りますけれど
ライオンの群れにうさぎを放つ気分も有りますが、、
それ以上にそうなったとしても、逃げる隠れるコツをしっかりと
教えたら子供なりに考え抜いて逃げます。、、しんどい顔をしていれば
「お母さん、どうしたの?頭痛いの?」まで気遣う言葉も
出てきちゃって・・・嬉しい限りです。

心強い母ちゃん目指して頑張りましょう。
悲観しないでください。大丈夫です、、貴女様の身近な
出来る事を探して御子さんに、まず何回でも教えて言ってあげれば
子供なりに回避できる力を必ず身につけます。信じなくちゃです。
我が子を信じれなくなったら悲観はもっと強烈な悲観へ変わり
貴女様の御子さんも、いつも悲しい顔立ちになってしまいます。

それで良いの?
信じていきましょう~ そしてライオンの群れにいても
ビクビクしたうさぎであっても、知恵や打開策を子供なりに
考えられる教えを貴女様から伝えると、賢いうさぎへ
なれるかも・・・知れませんよ。^^

*信じるのみです。

投稿日時 - 2018-05-20 08:29:45

ANo.9

#8です。お礼ありがとうございます。

>学童というのは民間ではなく公立でしょうか?

公立です。
今3年生までが放課後一緒に過ごしています。
1年生が多いですが、グループで遊んだり一人で遊んだりしてます。
上の学年の子は下の子と遊ぶこともありますが
たいてい同学年同士で遊んでいます。
そして先生方がベテランなので、安心してお世話になっています。
学校の先生より細やかに指導アドバイスしてくれます。
ライオンばかりではないです。上級生も色々です。
なかなか想像がつかないかもしれませんが
自分の子以外を全員同じカテゴリーで区別するのは非現実的です。
家庭環境も違えば、本人の性格も違うし
みんなが敵ではないです。

しかし、校区のカラーは大いにあると思います。
私の友達の住んでいる地域はおそらく質問者様と同じような感じで
地方都市だけどその地域だけ
変に競争が激化しているそうです。
なんでも
小学校1年生の入学時点で「できる子」「できない子」がはっきり分かれるとか。
それを覆すのはなかなか難しいそうです。
なので彼女のこどもたちは幼稚園から
公文と英語と運動系の何かの習い事をしていました。

一方私が住んでいる地域は
就学前は体験や経験を積ませる時期、という考え方で
そこまで習い事をいくつも掛け持っている子というのはいません。
最近になって〇〇始めた~っていう話をちらほら聞きます。
2年生とか3年生とかになったら
徐々に習い事をする子が増えてくると思います。

どちらがいいのか、どちらがこどもに合っているのか
わかるのはもっとずっと先のことになると思いますが
とにかく必要以上に悲観しすぎないことです。
こどもは波長の合う子をみつけてきます。
親が思うよりずっと
前に進もうとする力を持っています。
親にできることは
その時できる精一杯をすることと
楽しく過ごせるように自分も少し意識することです。

投稿日時 - 2018-05-20 02:47:39

お礼

回答頂きありがとうございます。
他の方も書かれていたように精神的に幼く低緊張もあり勉強も運動もイマイチ伸びません(涙)やはり年長ぐらいなるとこれぐらいの年齢でもマウンティングみたいなのがあり今まで対等だった関係もいつのまにかボスと子分という感じになり、強く言われたり無視されたりされているようです・・。
むしろダウン症とか目でみてわかる障害のほうが、ある意味守られて親としては安心です。

投稿日時 - 2018-05-24 13:41:51

ANo.8

現時点の保育園?幼稚園?での人間関係はいかがでしょうか。
私の子どもは4月から小学校に通い始めましたが
入学式以前に学童に通っていたこともあり
入学時点で友達ができていました。
自己主張あまりしない、
どちらかというとおとなしい子なので心配していましたが
親が思うより子どもは案外たくましかったり
気にしていなかったりするのだなあと思いました。

学校の先生は大勢を相手にするので
さほど一人一人に気をかけてくれる感じはないのですが
学童の先生はベテランの方が何人もいらっしゃって
結構細かく見てくださっています。
そしてその学童の先生に言われたのが
「親もがんばれ」
でした。
理解できるようにそばにいて
学校でやったことのフォローを親がすることで
理解がしやすかったり深まったりするので
根気強く何度も繰り返し教えるとか
出来たら大げさなぐらい褒めるとか
そういうのはその子の個性に合わせて適切なやり方があると思いますが
とにかく親ががんばること、だそうです。

あと
色んな子がいますよ。
ライオンばかりじゃないです。
そして合う子をこどもが自分でみつけます。

投稿日時 - 2018-05-18 00:08:19

お礼

学童というのは民間ではなく公立でしょうか?
民間はどうかわかりませんが、公立学童はそれこそ上の学年の子もおり弱肉強食な感じがします。
色んな意味で逞しい子が多いですね。

投稿日時 - 2018-05-18 19:46:53

ANo.7

お子さんをあなたのコピーだと考えるのは不遜です。
勝手にあれは劣る、これも劣る…のレッテルを貼ってしまうのは痛恨の失敗になりますよ。
陸上選手に例えると、お子さんは短距離よりも長距離向きのタイプではないでしょうか。

なお、お子様に自信を付けさせるために「スイミング教室」に通わせるのもお勧めします。
運動神経の善し悪しに関係なく、泳げなかった子供が必ず泳げるようになるのでそれだけで
大きな自信を持てるようになります。

また、空手か合気道の教室があればお勧めですね!
これらの武道の基本は技術の上達度を競うものではなく正しい心、強い心を身につけていく
ものですから運動神経の善し悪しは関係ありません。
子育てに不安のある親御さんには是非お勧めします。

投稿日時 - 2018-05-17 21:38:41

お礼

確かに自分のコピーと思ってはいけないのですが、教育熱心な地域に住んでおり中学受験専門の塾に入るにも小学1・2年のうちから入塾しないと定員オーバーで入れないようです。
こういった競争社会のような子育て環境なのでどうしても人と比べてしまいます。スポーツ系の習い事も考えてみます。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2018-05-18 19:55:38

ANo.6

周りと競争して勝つことしか頭にない親。平均以下だから負け組だと決めつけていませんか。

何があってもお前を守る、無償の愛はどこに行ったのでしょう。ここは腹をくくって二人三脚していくしかないじゃないですか。他人の子が何点とろうが関係ない。少しでも改善したら努力を褒める。泳げない子が泳げるようになるだけで素晴らしいですよ。何秒で泳いだかは関係ありません。

子供は親が見ていてくれるから報おうとします。山林留学に放り出すのは考え直してください。そこまで手に余る集団不適応ではないでしょう?

投稿日時 - 2018-05-17 19:38:23

お礼

山村留学というのは、地方の過疎地域の小学校に入るということで不良矯正所みたいなところではないです。自然が多くて良いなと思いました。もちろん私もついていきます。住んでいる地域が、異常な教育熱で生まれた時から競争が始めっており、生まれる前から予約しないと入れない超英才幼稚園もあります。そういった子達も同じ小学校に入るので焦ります。
山村留学は、そういった熾烈な競争社会から逃げたい私の願望でもありました。私もすっかり競争社会に毒されてしまったようです。
無償の愛ではないですね。本当に・・・。

投稿日時 - 2018-05-18 20:01:11

ANo.5

ライオンの群れにうさぎを放す気分ですか?
案外、予想に反してライオンより強いうさぎになるかもですよ。

投稿日時 - 2018-05-17 19:08:11

ANo.4

貧乏人が子どもを産まないほうが自分のためですよ。

投稿日時 - 2018-05-17 18:26:11

お礼

回答頂きありがとうございます。
子供が生まれてからお金の重要性を認識しました。
お金があれば、言い方悪いですが金の力である程度押し上げてあげられますからね。

投稿日時 - 2018-05-18 19:44:02

ANo.3

まさかと思いますが、お子さんの前でそんな不安げな話をしてませんよね?
大丈夫?やっていける?とかもNG。

先の方もおっしゃってますが、親の不安は子に伝染します。
入ってみれば案外うまくいくことだってあります。
いいところだってあるでしょう?

親はもっとドンと構えてないと。
何があっても、どうにかできる!!
そのための情報収集でしょう

投稿日時 - 2018-05-17 17:13:11

ANo.2

お子さんのことが心配なのですね。
あくまで私の考えですが、子供の発達に早い遅いはあっても、幼少期に総合的に能力の優劣はありません。
例えば、論理的な思考ができるようになるのに、小学校高学年までかかるお子さんもいます。しかし、そういったお子さんは、ほかの事に頭のリソースを使っているだけのケースが多いです。論理的に考える子は、直感的に考える子よりも、リスクを考えられるようになるので、必然行動力が減ります。大人の世界では「まず行動」も推奨されるケースが多いように、論理力か行動力か、そこに優劣はありません。

足りない所を補うのも大切ですが、どうかその子が興味を持っていることに目を向けて伸ばしてあげてください。絵を描くのが好きでも、ボールで遊ぶのが好きでもよいです。上手い下手は関係ありません。それは大人になるうえで本人が考えることです。

そして、群れにはライオン以外もいます。かけっこが得意な子もいれば、勉強が得意な子もいます。お子さんが絵が得意になれば、自然と周囲に尊敬されます。
どうあっても、いじめは少なからずあるでしょう。しかし、それは勉強が得意な子でさえ、起こりえます。身体的にチビである子もいじめられます。
確立的にはあなたのお子さんがその対象として高いかもしれません。しかし、身体的にアトピーがある子がいれば、その子が優先されるケースさえあります。
そして、いじめられたら学校へ行かないのも選択肢の一つなのです。そのとき、お子さんに好きなものがあればきっとそれが支えになるかと思います。

劣等感もいじめも人生が終わる問題ではありません。ただ、少し成長しなければ機会が人より多いだけです。
親が助けられることは、そうないと思います。できることは、本人が苦しまないようケアし、選択肢を提示してあげるくらいではないでしょうか。

投稿日時 - 2018-05-17 17:07:26

お礼

回答頂きありがとうございます。
何か得意なものをと色々子供にやらせてみましたが、運動面では低緊張がありふにゃふにゃしてしまい(本人は姿勢を維持するのも大変らしいですが)ダメ、絵もクラスで断トツで下手です。勉強も個別指導で高額の月謝を払っておりますがひらがなも満足に書けません。言い方悪いですが「全てが普通より下」なのです。なんというか障碍者のくくりではエリート?ですが普通のくくりでは底辺層なのです。
年長にもなれば、スクールカーストなるのもできていて今まで対等だった立場も今はボスと子分。何か友達に歯向かうと「もう遊んであげないよ」と言われしたがってしまうそうです。これから小学・中学と顕著なスクールカースト構造になりますがどうやって子供を守れば良いのでしょう。
借金をしてでも私立小学校を考えたほうが良いのでしょうか。

投稿日時 - 2018-05-24 13:50:29

ANo.1

親の不安は子に伝染しますよ。
まだ起こってもない事に怯えて居ては損ですよ。
ドーンと構えていればいいんです。
なにか起こったら、その時考えればいい。

投稿日時 - 2018-05-17 16:18:51

お礼

回答頂きありがとうございます。
すでに前兆みたいなのは起こっていて、現在年長さんですがすでにスクールカーストみたいなのはあり早熟でなんでも出来る子はカースト上位。
うちみたいな幼い子は、既にパシリみたいな扱いです(涙)
そうならないため色々手を打ってきましたが、何をやってもダメなのです。
親としてどう導けばよいか悩んでおります。
いっそうのこと障碍者として特別支援学級に行った方が良いのかもしれません。

投稿日時 - 2018-05-24 13:53:52

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-