こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

生きにくい世の中になった原因は何だと思いますか

ときどき「今は生きにくい世の中になった」とか「ストレス社会」という言葉を
耳にしますし、実際そう思います。

また理解力に乏しい人もたまに見かけます。
そのような人に仕事を頼むと、依頼した内容と違った方向に進むので
とても困ることがあります。

たとえば「お昼に昼休みを1時間とったあと、その後、夕方までの間に20分休憩して良い。」という指示があったとします。
理解力が乏しい人はそれを「昼休みがたったの20分しかない。」と解釈するのです。

1990年代より前はネットや携帯電話もなかったでしたが、それで不便を感じることは
なかったと思いますし、世の中にも余裕やゆとりがあったと思います。

たとえば店でもクレーマーというのは今より少なかったと思いますし、ましてや
店員が店員側に落ち度があるにもかかわらず、客に逆ぎれしたり、八つ当たりしたり
することはなかったと思います。
また売り上げノルマは昔からありましたのでノルマだけが原因だとは思えません。

近年「今は生きにくい世の中になった」とか「ストレス社会」と言われる原因は
なんだと思いますか?

また理解力に乏しい人というのは何故理解力が乏しいのだと思いますか?

投稿日時 - 2018-04-05 16:45:38

QNo.9485389

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

「自分さえ良ければ」って考える人が多くなったからでは?
なので、他人がどうなろうが知った事ではない、自分が損さえしなければ良い。
理解力が乏しい人、これはおそらくコミュニケーション力の不足と発達障害の気が考えれらます。

投稿日時 - 2018-04-05 19:09:07

お礼

>「自分さえ良ければ」って考える人が多くなったからでは?

>理解力が乏しい人、これはおそらくコミュニケーション力の不足と発達障>害の気が考えれらます。

実は自分さえよければいいを通り越し、他人の生活や行動を
平気で妨害する人がいて「いったい何者」と思っていました。

あるとき別の人は「あの人は障害があるんだよ。」と耳打ちして
教えてくれました。

投稿日時 - 2018-04-05 19:45:12

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(15)

ANo.15

<生きにくい世の中になった原因>
 日本企業が世界の企業と競争しなければならなくなったこと。

<理解力に乏しい人が多くなった原因>
 以前より、日本人が本を読まなくなったこと。
 日本語の理解力が低下した。

投稿日時 - 2018-04-06 08:15:47

ANo.14

一億総白呆化が、顕現した結果かもしれませんよ?

テレビで美味しく召し上がりましたとテロップが流れようものなら「視聴者を馬鹿にするんじゃない」と腹を立てた時代は、もはや遠い過去。
生涯現役といえば聞こえはいいですが、老いを受け入れられずに「席を譲られた」と憤る。
座を譲る、花を持たせることよりも、なぜ自分だけが損をしなければならないのかと、損得勘定が先に立つ。
教えてもらうのは当たり前、懇切丁寧も当たり前。だから他人様に感謝もわかない。
どっちが上だ、上から目線だ、見下すな。お互い様だと譲り合うこともなく、一億総中流時代は、はるか彼方。

GHQの政策、大成功ですね。(ええ、嫌味ですとも)
自分もいい年になりましたが、若者に背中で語れるほどの人生を歩んだ自信はありませぬ。

投稿日時 - 2018-04-05 23:27:17

ANo.13

本当に生きにくくなっているのでしょうか?
1万年前の日本は日々食べるものを確保するのに必死だったはずです。
1千年前の日本は一般庶民は人間扱いされてませんでした。
1百年前の日本でさえ平均寿命は50歳ほどです。驚くほど簡単に病気や怪我で死にました。
そして現在、千年前とは言わなくても百年前の時代と比べて生きにくいと思いますか?そんなことは絶対にないはず。

手元の小さな機械で世界中の英知が入手でき、遠方に住む知人と会話できる。自宅に引きこもったまま買い物ができる。買った物は1日で届けてくれる。深夜や休日にやっている救急医療施設を調べることができる。元旦の深夜や明け方ですらお店が開いていて、買い物や食事ができる。
知人や親類が全くいない遠くの土地に行って一人で暮らし始める場合、現代は圧倒的に生活をスタートさせやすいはず。逆に昔は生活のベースをゼロから作るのはとっても大変だったからこそ、歌謡曲や演歌で「アナタと二人で遠くに行って暮らしましょう」という歌がロマンを持って歌われていた。

世の中便利になったことはたくさんあるんだけど、便利なことって慣れてしまうと当たり前になってしまうんですね。で、昔なら誰も気にしなかった、あるいは気にするほど余裕がなかった細かなコトが気になるようになって、ややこしく考えてしまうから生きにくくなったと感じるんじゃないですかね?
「なんとかなる、なるようになる、どーせ命までは取られない、失敗してもなんとか食えるだけの仕事は他にもある」って意識を持てば大抵のことは解決するような気がします。
まぁ自分も含めてそれがなかなかできないのですが。

投稿日時 - 2018-04-05 22:34:21

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2018-04-07 19:10:11

ANo.12

個々人の心のキャパシティが狭くなったのかな?と思います。また、町の頑固ジジイ的な怖くても優しくしてくれる大人というか古参が減ったとか。世の中が便利になりすぎて、選択肢がありすぎるのも、問題なのかもしれないかも?とも考えています。
何もなくても、そういう時代にはそんなもんだと思って生きてました。そこにストレスはそれ程なかった気もします。
古きよき昭和の時代はなんだったんでしようね。
もはや戦後ではないとか、戦争知らない子供達が老人になったあたりから、なんだか日本は変わった気がします。

といっても、私は個人的にはストレスはありません。人生を謳歌してます。

投稿日時 - 2018-04-05 21:34:48

お礼

>私は個人的にはストレスはありません。人生を謳歌してます。

見習いたいです。

投稿日時 - 2018-04-07 19:10:53

ANo.11

どんな世の中であろうと、その中で上手く生きられるように考え、行動するべきだし、ストレスだらけなのも、社会が作ってるんじゃなくて、問題を抱えているのにそれを解決しないで放置したままにするからですよね。

生きにくいのもストレスも、原因は「自分」でしょ。

投稿日時 - 2018-04-05 21:05:35

ANo.10

国の政策が明らかに間違ってる。
権利と義務の違いを理解していない。
そして、英語にばかり注目し、日本語を教えないからでしょうね。
大人でも読解力のない方日本語の理解力のない方はいますよ。

投稿日時 - 2018-04-05 20:43:06

お礼

そうですよね。

投稿日時 - 2018-04-06 10:56:56

ANo.9

私は50才の女性ですが、昔より生きやすいけどね。
昔は女性専用車両なんてなかったし、セクハラという言葉もなかった。男女雇用機会均等法が施行されたけど、殆どの人は本気で女の社会進出など望んでいなかったと今は証明済みですよね?

現在の女性活用!は、人手が足りないから、社会保障が全然回らんからこうなったら女も働けということであって、女性の人権を守ろうという発想じゃないです。相変わらず、女を都合よく利用したい男の発想でしかありません。

私が若い頃はまだ、妻が働くことを夫やその親が恥とする風潮はありました。今でも一部にはあると思います。女性活用と言いながら相変わらず保育所は足りていないし、家事をやらない出来ない夫はゴマンといるでしょうから、国に働けって言われてもなぁと呆れてしまいます。

うちの姑は「男子厨房に入らず。」と私に言ってのけましたが、息子である私の夫は「共働きは当たり前。」と言うので、じゃあ家事をしっかりやれよとやらせたら何ひとつまともに出来ませんでした。やりたくもないそうです。自分のしたいことだけして生きていたいらしい。
そんな夫にしたくない仕事(ハタから見たら良い職業ですよ)をさせ、私は専業主婦をしていて姑には冷たくしていますので、彼らから見たら、嫁が全然言いなりにならず、何とも生きにくい世の中になったと思っているでしょう。

社会全体では、具体的に問題点はあれど介護保険が始まった。同じく教育現場で暴力禁止になった。同じく発達障害に国が対応し始めた。など昔よりマシポイントが沢山あると思います。

そういうわけで私は、日本は相変わらず生きにくい世の中ではあるけれど、昔よりは全然マシという認識を持っています。

生きにくさやストレスは昔から常にあって、その原因は日本の「とにかく揉めないことが善」みたいな感覚じゃないかと思います。
文句があっても言うな。辛くても我慢しろ。長い物には巻かれろ。親に逆らうな。目上に逆らうな。どんな変なルールでも従え(学校の校則は相変わらず狂ってるらしい)。
こういう文化の中で素直に育つと、何も考えないバカな大人が出来上がります。

戦後の民主主義は、国民が望んで戦って勝ち取ったわけではなく、天から降ってきた恩寵でしかないので、戦後教育を受けた世代は、それ以前の世代が作った封建的な社会システムに馴染むわけがありません。
私などは上の世代にバカが多すぎると思っていますので、理解力の乏しい人が増えているのかどうか?はよくわかりませんが、その原因は遺伝と育ち方(環境問題含む)にしかないので、やはり基本的には親がバカなのではないでしょうか?

投稿日時 - 2018-04-05 20:21:03

ANo.7

生き難い世の中になったのではなくて行き難いと感じる人達が意見を発信する場ができたってことは大きいだろうと思いますよ。
要はネットですよね…。

昔も生き難い人は大勢いたんだろうと思うけど彼らは社会からは黙殺されていて発言の場も無かったんでしょう。

投稿日時 - 2018-04-05 18:56:54

お礼

>生き難い世の中になったのではなくて行き難いと感じる人達が意見を発信>する場ができたってことは大きいだろうと思いますよ。
>要はネットですよね…。

ネットの影響が大きいと私も思います。

投稿日時 - 2018-04-06 10:56:24

ANo.6

おいくつの人かしら?

もしも私より年上の方でしたら
「昔は良かった。今の若者は・・云々」誰も聞いていないのに(寧ろ嫌がられているのに)だらだら愚痴を吐く、嫌な年寄りになりそうですね^^

私は、とても良い時代になったと嬉しいですよ。

いつの時代も、みんながそれぞれに役割分担をして、社会を廻してくれています。
みんな「良かれ」と思って、頑張って生きています。
生きるための情報が多様化し、一個人でもそれぞれの思いを世界に発信できるようになった。

もしも「生きにくい世の中になった」と思うなら、それは、あなた自身が自分の落としどころ(自己の存在意義とか?)を見つけられないだけじゃないですか?


>理解力に乏しい人というのは何故理解力が乏しいのだと思いますか?

アナタの言葉の伝え方が下手なのではないですか?

たとえば「この子は理解力が乏しい」と感じたなら、2つの用事を同時に頼まずに、一つずつ理解させてあげれば宜しい。

投稿日時 - 2018-04-05 18:31:15

お礼

>アナタの言葉の伝え方が下手なのではないですか?

そうかもしれないと思ったこともあるのですが、
同じ言い方をして、ちゃんと理解する人もたくさんいて、そちらのほうが
多数派です。

かつては理解力が極端に乏しい人は、
一般社会では通用しないので、見かけることは皆無でした。

しかし今は必ず年に何回か遭遇があって、しかもそういう人のための、依頼したこと伝わっておらず、業務に支障がでたりして非常に困ります。

投稿日時 - 2018-04-05 19:41:24

ANo.5

終身雇用制度の事実上の消滅と非正規雇用の日常化。後者はかつて主婦とか出稼ぎ労働者、学生アルバイトくらいだったのが、私みたいに中高年男性にまで広まって事実上正規雇用になれない人が増大した。

投稿日時 - 2018-04-05 17:41:57

お礼

非正規雇用が増えたのは問題ですね。

投稿日時 - 2018-04-06 01:44:14

ANo.4

人間の欲望に限りはなく、自分が豊かになっても、いつも周りと比べてしまう。難民たくさんいれて、自分より不幸な人の現実を見せ付ければ、「今は生きにくい世の中になった」とか言わないでしょう。そういう自分は中学生の時バブルがはじけ、大学受験のときは受験戦争、卒業時は超就職氷河期と、受難の世代なので、ついつい「今の人はいいよな」とうらやましくなってしまう。

投稿日時 - 2018-04-05 17:41:04

ANo.3

Q、生きにくい世の中になった原因は何だと思いますか?
A、原因は3つ。

1、産業空洞化の著しい進展。(国内生産拠点の閉鎖)
2、新しい低賃金構造の出現。(非正規雇用者の増加)
3、国の財務面の体力の低下。(内需振興予算の削減)

 1991年のバブル崩壊によって我が工場は閉鎖へ一直線。同業の120社も2000年までに跡かたもなく消えていきました。これは、我が地域だけではなくて全国的な傾向。結果として、多くの者が失業しました。また、新卒者が働く生産現場が著しく減少。

 確か、バブル崩壊と前後して派遣社員の雇用に踏み切る企業がポツポツ。そして、そのご、非正規雇用が当たり前に。「非正規雇用=プウ太郎」の時代が終わりました。新しい低賃金構造の出現です。

 加えて、かかる状況を国家予算で打開することは不能の時代の到来。

 ここ4半世紀は、正に、企業が終身雇用でじっくりと人材を育てる時代の終焉。当然に人材の質も二極化していきます。正社員として安定した賃金と教育を受ける層。非正規社員として不安定な待遇に甘んじ継続的に職能を開発していく機会を奪われた層。

 まあ、はっきり言って「衣食足りて礼節(職能)あり!」ですね。衣食に不平・不満があれば、それはストレス社会そのもの。そういう気分・感情とそれに起因する言動は、相互伝搬します。良いことは相互伝搬しませんがね。

 なお、4つ目の要因は、スマホの普及ですね。朝も昼も夜も、スマホは各自の欲求を掻き立てます。が、それぞれの境遇は、親よりも惨めが大多数。そして、スマホは、それぞれの学習能力さえも奪っています。

 思うに、今日ほど、スマホが刺激する欲求を理性で制御することが求められている時代はないでしょう。

 と、複合的な要因。一言で言えば、「衣食足らずして礼節を欠く!」の蔓延でしょう。

投稿日時 - 2018-04-05 17:24:03

お礼

回答の1~4、納得できます。

投稿日時 - 2018-04-06 01:43:25

ANo.2

金と人間の関係をはじめ、多くのものが主客転倒になってきているのでは。理解力が乏しい人は昔からいたのでは。

投稿日時 - 2018-04-05 17:13:36

お礼

>多くのものが主客転倒になってきているのでは。

回答者様のこの書き込みを見て、「あっ」と思ったことが今年ありました。

ある娯楽品を買ったとき、店員からぶっきらぼうな応対をされて、けっこうな値段のお金を払ってるのにと思い、腑に落ちませんでした。
その娯楽品は売ることもできますので、売ったことがあります。
そのとき、とても感じが良い応対をされ、お金をもらいました。
まさに主客転倒です。

>理解力が乏しい人は昔からいたのでは。

そうだと思います。
かつてはそのような人は社会生活をするのは困難でした。

しかし今はネットの普及やコンビニの普及や
店で買いたいものをあらかじめスマホで注文したり、何かを予約できるサービスが増えてきて、
会話をしなくても
通用するようになってきたからかもしれないと思います。

投稿日時 - 2018-04-05 20:22:55

ANo.1

発達障害

投稿日時 - 2018-04-05 17:02:14

お礼

やはりそうなのでしょうか。

投稿日時 - 2018-04-05 19:56:04

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-