こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

気持ちの整理がつかないままの離婚

去年、夫に離婚を切り出され、今年、届出を出すことになりました。10年ほど一緒に居た大切な人で、消化不良を起こしている気持ちがつらく、ここに書かせていただきました。
過去にさかのぼり、長文ですみません。


初めて夫から離婚を言い渡されたのは5年前のことでした。なんの予兆もなく、突然のことでした。その数ヶ月前に10年以上飼っていた猫をがんで亡くしていて、私は看病をする毎日の中で、不眠(息してるかな、と不安になり目が覚めるように)にもなっていました。
愛猫が居なくなった悲しみと不眠の中、仲の良かった夫の突然の言葉にあまりのショックで次第にうつ病に移行していきました。夫に率直に理由を尋ねてみると好きな人ができたとのことでした。相手の方にも家族があり、子どもも複数いるようで、その子たちを自分が養ってでもその人と一緒にいたい、という話でした。とても身勝手な考え方で道理はおかしいのですが、私たちには子どもがおらず、夫はなにか行き止まりにいるような心持ちだったようです。

結局夫はその方と不貞を犯したのですが、相手のご主人にばれ(奥さんが話したのかもしれません)、ご主人はもちろん激怒しておられ、当事者二人はパニックになっていました。結局ご主人と私とで電話でお話しし、お互い配偶者の向こう見ずな行動をお詫びし、ご主人は許して下さいました。ここで私の夫と相手の方との関係は終わることになりました。 こういう経緯があったため、夫は自分がしたことがとても危険というか、とんでもないことだったと我に返り、その後変わらず私と一緒にいることになりました。

その出来事があった当時、私は感情的に怒ったりすることができないままでした。離婚の話が急に出たときに、それまで自分たち夫婦に抱いていた安心感が失われたことにとてもショックを受けていて、感情の起伏が失せていたような感覚でした。夫はとても支離滅裂なことをしていたので、自分は冷静でいないといけないとへんに気丈に振る舞っていた部分もあったように思います。感情が出せなかったことは、自分にとっても夫婦の絆にとっても、逆に良くないことだったと感じています。

その後、私の傷はすぐに癒えるわけではなく、うつ状態はそのまま続いていました。そのころ、経済的な理由で私たち夫婦は私の両親と同居しており、私は夫とそのようなことがあったことをひた隠しながら、両親とも接していました。これはとてもストレスでした。もちろん、夫自身も居づらかったようで、夫の意向で早めに引っ越しをすることになりました。 うつを患っている中での引っ越しで正直いろいろと大変でした。騒音にも敏感になったり、孤独を強く感じたりと、良くない状態が続きました。 夫は当初私のうつは猫が死んだことが原因だと思っていました。でも、不眠は猫のことから始まったけれど、うつは離婚を切り出された時からなのだということを伝えてからは、とても後悔していて、誠実に向き合って支えてくれました。それと同時に、私を不幸せにしているという気持ちもずっと拭えなかったようです。  うつは3年ほどで寛解に至りましたが、抗うつ剤を飲まなくてよくなった二ヶ月後に強い腹痛に見舞われ、手術が必要な別の病気が発覚しました。しばらくして手術を受けましたが、あまり予後が良くなく、家事もままならない状態になってしまいました。今の医療では薬で痛みを対処することしかできない疾患で、生活の質は著しく低下しました。

夫は、仕事のストレスもあり、家に帰っても妻は痛みで伏せっているので気が滅入っていたようです。ストレス解消のためかなり飲みごとが増えていきました。そして、目移りしやすいと夫自身が言っていたのですが、また好きな人ができたようでした。そして病気の私と一緒にいることが実際きつかったようです。とても心配性な人で、日中私が一人で居るのが心配だけど、仕事があるしどうすることもできない、けど自分は気晴らしに飲みに行ったりしてる罪悪感などもあったようです。そして、去年の夏にまた離婚を告げられ、今度はもう自分の精神を守るためになんとしてでも離婚すると夫は言いました。夫は切羽詰まっており、その強い口調に私の体の激痛が増し、そのやり取りの日々に耐えることができなくなっていきました。夫が別居じゃなく離婚を強く望んだのは、別居状態で次にだれかと付き合ったりできないとも言っていて。とっても身勝手な話だとは思うのですが、ある意味で素直な話であることを理解しました。こちらを傷つけたくて言っているわけではなく、私が応じないので、なんとしても自由になりたくて、ありのままの気持ちを全部話すしかなかったようです。


自分が夫のせいで不幸せだとかそんな風に感じたことはとくにないと思います。確かに、いろいろ傷つくことはありましたが、私にも不甲斐ないところが多々あったと思いますし、自分がずっと一緒にいたいと心から望んだ人です。基本的にはお互いのことをよくわかっていて、生い立ちなどもお互いわかっていて、いつも思い遣ってきたことを幸せに感じていたのは確かです。


離婚を拒否する権利は妻の私にあったとは思いますが、実際いろんなことができなくなってしまった負い目も感じていました。そして、「まだ若いし(夫はその時20代でした、私は夫より少し上の年齢です)、人生やり直したい」という言葉が出てしまえば、そのこと自体が私にはとても辛かったです。これまでを全否定されたようで、どうしたらいいかわからなかったです。私以外の人に目が行くのは病気だけが理由ではなく、私自身にも当然問題があるのだろうとも思っています。


まだ病気の回復の目処は経っていません。あまりに痛いので、他の原因も念頭においていくつか検査を少しずつ受けている日々です。経済的な心配もありますし、生活にメリハリをつける目的もあって仕事も少し始めたりしたのですが、体調が悪化してしまい、行き詰まっています。

どんな風に自分がまた楽しみを感じたりできるようになるのか、まったく想像がつきません。うつになる兆候は経験上わかるので、今はまだなんとか自分を保っていると思います。ただ、どうしても、なにをしていても悲しいです。調子がいい日が続きません。体の痛みにが本当に耐えがたく、夫への気持ちがあるまま別れることになり、恋愛をしたいとかそんな気持ちはまったくありません。
(ちなみに事情があって家族の支えは望めません。)


離婚を経験された方、病気にかかり生活が大きく変わった方、一人暮らしが堪らなく感じる方、なにか感じられたことなどありましたら、どうか聞かせて下さい。

投稿日時 - 2017-11-29 22:51:27

QNo.9402772

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

まず、あなた達、夫婦思いやる気持ちが、人一倍有るのわ、わかりますが、夫婦としてわ、失格と言うか、お互いが結婚して、言いたいことも言いあわないじたい、おかしく、本音も言えない、息のつまる夫婦なので、破局は時間の問題だつたと、おもいました、恋人同士の方がよかつたとおもいます、貴女は年上なら年上らしく、リードすべきたつた、貴女の遠慮と真面目さが、仇になつたとおもいます、
そこで本題ですが、毎月の慰謝料、相談されるか、弁護士を入れ文章化し、円満離婚すべきです、
夫婦としてわ無理だとおもいます、
旦那は辛い事から逃げる、年下男です、また、言いたいことも、貴女といると言えないタイプでわないか、と感じます、息が詰まる感じかもしれません、取り敢えずは、毎月の生活費、いくらか元旦那にもらい、貴女も、パート、仕事を探され生きる事を、考えられ、ストレスから来ている痛み睡眠の生活パターンを変え頭の切り替えし、自分の此れからの人生を生きる力を、養うことです、先の事何か、余り考えず、今を楽しむ生き方をつかんで、ください、誰しも大なり、小なり不安はもつています、貴女のストレス、痛みを取ることが出きると、おもいます、原因は現在の結婚生活だと思います、お互いにの為にも、一人で一歩踏み出す気持ちを持つべきだと、思います、

投稿日時 - 2017-11-30 21:41:40

お礼

言いたいことが言えないのは夫婦として失格、とても腑に落ちるご意見でした。夫に関するご想像も当てはまっていると感じました。

本当は言いたいことがお互いいろいろあったのに、なんか飲み込んでしまって、相手を思いやったつもりが本末転倒になってしまったのだろうなと思い返しました。私も夫も稚拙というか、自己満足な方法でコミュニケーションをとっていて、結婚としてはうまくいかなかったのだと思いました。

>誰しも大なり、小なり不安はもつています、貴女のストレス、痛みを取ることが出きると、おもいます

痛みを取ることが出きると思う、そんな風に言ってくださったことを心から感謝します。


的確で率直なご意見を、親切な言葉でありがとうございました!気持ちの整理がつけやすくなった気がします。一日ずつがんばります。

投稿日時 - 2017-12-01 00:18:37

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

>離婚を経験された方、病気にかかり生活が大きく変わった方、一人暮らしが堪らなく感じる方、なにか感じられたことなどありましたら、どうか聞かせて下さい。

大変だったんだね。私は男ではあるが君と似たような離婚をしたんで、その気持ちはよくわかるつもりだよ。
もう離婚して18年になるが、いまだに女性不信がぬぐえないのはそのためだ。性欲はあっても、結婚を考えるまでに至らないってやつだよ。
普通の独身生活に戻れるまで3年を要したよ。
大きな病気は離婚してから10年経った年にしただけなので、あまり関係ない。

独身で一番堪えるのは風邪など病気になったときかな。看病してくれる人がいるってのは結婚の一番のメリットなんだと思った。

君はその男の妻の役目は十分果たしたんだよ。今後は人のためだけに生きるんじゃなく、自分のためだけに生きてもいいんじゃないかな。

投稿日時 - 2017-11-30 23:40:06

ANo.3

ガッツリお金をもらって離婚しましょう。
私は2度離婚経験しました。三度目はとても幸せです。二度目の時は子供二人いましたが。

やはり旦那の浮気でした。人生見切りも必要です。一緒にいるともっとストレスにもなりますから。

投稿日時 - 2017-11-30 15:31:44

ANo.2

私は離婚はしてません。
でも、別居14年です。
経済は別。
子どもは二人成人済みです。

特に・・・・たまらなくなるということもないし、病気ということもない。
まぁ、あっちこっちと、探せば痛いところもあるし、不調もあります。
部分入れ歯にもなったし。
老化ですから、数え上げても仕方ない66ですから。
65で定年しました。

実母(すでに鬼籍)は45の時に離婚していて、当時、私は19の学生でした。
母の依存状態を記憶しています。
生活も、精神的にも、娘に相談・・・というのは、表面上のことで、
結局は、「じゃ、私が、なんとかする」というを期待?当然言うだろうということが込での話です。
学費、姉妹母親の生活費も、私がバイトで稼いで3年間生活。
24で私が母の反対した結婚時に、親族は、よく頑張って、娘を大学を出したと称賛し、母親は親族に褒めれて当たり前のような顔してました。
なるほど、そういう話にされているんだなと、思っただけです。

私もその時までに洗脳されていて、父親だけがひたすらに悪いと。
ただ、泥棒にも三分の理ではないですが、それなりの理由?はあった。
なので、あなたが長々書かれいることも、裏を返せば、ああそうなの、仕方ないねは、疑わなくても判ります。

多分にご自身を我が母と同じように美化しているような部分が多々あるのも目につくし。
離婚なんか実はしたくない、彼も、’出来ないし、結局、踏み切れないであろう’という目論見が壊れたというにすぎない、永遠にそのまま引っ張れる・・・・だろうと。

カッコつけて’離婚’をほのめかしていたら、そのようになってしまって、いわば、言ってしまって、
ああしまった!、今更に撤回できないと。

おそらく最初から無理だったのですよ。
あなた、生活するために、自立しての仕事は、ずっとは、してないでしょうでしょう?
経済的に親と同居というのは、あなた方ご夫婦が経済的にやっていけないから。
介護ではないし。
いま、実家を頼れないというのは、結局、追い出されるような状況をあなた方が作ったということでしょう?

一回目の離婚騒動のときに、5年前に彼20代=29としても、今は35以下でしょう?
普通に男性の初婚年齢で妥当です。
あなたという枷から離れて、きちんと仕事するなら十分なことですから。

10年一緒ということは、彼が25前・・・20そこそこ?にあなたと知り合った。
あなたはちょっと上・・・・普通に女性がちょっと上という時は3つ以上は上です。

働いてないし。
更年期?もくるし。
幸いにして子どもいないし。
40すぎましたか?

あなたとしては最後にして、最善の時期に彼を手放してやったのではないですか?
すでにして、美味しいところは頂いているし。

あとは、しっかりと、自分のことは自分できるような人生をすることです。
ソレが大人としての矜持ではないですか?
いつまでも中学生のように’いる’が好みなら仕方ないですが、
進学問題も、試験成績も、部活とかいろいろあって、中学生だって、
己を強く持たなくちゃやっていけません。

色んな意味で、’いじめ’はあるんです。
ただ、おとなになると、いじめられてるといっても、同情されても意味がない。
ああ、社会的な実力がないなら仕方ないじゃない・・・です。

弱者と認めるか、支援要求をする行動力もまた意志的に自分から動けないような受け身=美しいと錯覚する人生が好みの人は制度としてスルーです。


【なにか感じられたことなどありましたら、】
最後に、自己保身に満ち溢れる長文拝読して、別に、過去はどうでもいいし、
哀しいことは哀しいだろうとも思うし、あなたにもそれなりの理由はあるでしょう。
1回通読して、あれ?待てよと、最初に戻って、旦那がせいぜい30代?なのに、あなたの文章?が若くないのです。
50代?それも60に近い人なのかとの第一印象が拭えません。
まさに老婆心として余計を申し上げます、あなたは老けてる!と。

投稿日時 - 2017-11-30 11:01:21

お礼

ご経験からありがとうございます。

美化している、否定はしません。公に出す文章ですし。でも、どんなに美化しても滲み出てしまう部分があるので、それはお会いしたことがない方たちだからこそ指摘していただけるのだなと感じました。

長々と書いたのは、とにかく痛すぎて、そしてもう夫もいない(半年以上前に別れています)ので、痛いのとと悲しいのとが一緒になっていて、どこかに吐き出したかったんです。なんだかいらいらさせてしまったと思います、すみません。

そして…あなたは老けている!仰る通りかもしれないですね(笑) 年齢は本当に30代前半です。20代のころ電話のお仕事をしている時ご年配の方からあなたは40代くらいだろうと予想されたことを思い出しました。

たくさんのお言葉と貴重な時間をありがとうございました。

投稿日時 - 2017-11-30 23:53:20

ANo.1

 ごめんなさい(>_<)
 身体に痛みがある上でのうつは、大変お辛いことと思います(>_<)
 「身体が痛い。」と、私にでも良いなら、いつでも言ってください!!
 「頑張ろうね!!」と声を掛けてもらえるだけで、前向きな気持ち
になるような気が致します(>_<)
 私も、時々、うつになる事があります(笑)。
 でも、支えがあるので、頑張れます!!
 お互いに、頑張りましょう!!

投稿日時 - 2017-11-30 10:46:52

お礼

体を気遣ってくださり、ありがとうございます。最近寒くなったので、うつ気味になるのをなんとか払拭しながら過ごしています(;^_^A

うつの人にがんばれという言葉はタブーだとよく言われますが、応援してくれるというのは素直にうれしい時もありますよね☆

もう夫とは離婚しているんです。文章がわかりにくかったですね、ごめんなさい(>_<)それで痛みが今もっぱらの悩みで、一人だとなかなかしんどいなぁと思ってありのままのいきさつを吐露しました。

bjklmnさん、明るい励ましをありがとうございました。お互いにに、いろんな病気とうまく折り合いをつけながらがんばりましょうね!☆

投稿日時 - 2017-11-30 23:30:20

あなたにオススメの質問